ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『娚の一生』をHTC3で観て、俺は榮倉奈々シンパだからこれ好きでええねんふじき★★★

五つ星評価で【★★★恐るべし豊川】  

榮倉奈々の相変わらずの身体の美しい事。
あまり見せびらかすようなシーンはないのだが、
チョコチョコとその美しい身体のありようが露見する。
隠しようがないのだ。
まるで少女マンガの細かい線そのままに抜き出てきたようだ。

恐るべきは豊川悦司。
榮倉奈々って、プロポーションはいいが、かなりの大女なので、
バランスとれるイケメンの配分って難しいのだ。
豊川悦司ベスト。
どこからどう見ても二人はお似合いだ。
豊川悦司も顔はいかついが、少女マンガから抜け出てきたみたいだ。
そして、大人(だけどチャーミングなんだ不思議に)。

後一人、設定と若さで、向井理は少女マンガにはめ込んでも違和感がない。

これ以外は普通の人間である。
だから、榮倉奈々と親友役、安藤サクラが全身映るシーンで
一緒のカメラに捉えられるのはかなり残酷だ。
「豊川+榮倉」と「徳井優+濱田マリ」なんて人種が違うのかと思うくらい
パースがおかしい。

そんな二人が少女マンガする。
恋愛の破局から「無」を求めて田舎に戻ってきた榮倉奈々と
もう恋愛の懊悩から卒業したと思い込んでいた豊川悦司が愛にはまり込む。
その顛末をただただ見つめるのは、
ひたすら少女マンガの主人公を応援してしまう姿勢に似ている。

ああいう「完璧お似合いさんカップル」が一組くらい宇宙にあってもいい。

榮倉奈々は可愛く「女の子」っぽくは撮られていず、
原色的な「おんな」として撮られていて、
妙にきつく見えるカットもあるのだけど、等身大の演技で良いと思う。
まあ、乳が見えなかったのが残念ではない、と言ったら嘘になるが。


【銭】
テアトルの会員曜日割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
娚の一生@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
娚の一生@映画的・絵画的・音楽的
娚の一生@カノンな日々
娚の一生@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 「娚」って何やねん? さっぱり分からず。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4253-07a033a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad