ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『舞妓はレデイ』をギンレイホールで観直して、やっぱ合わんのだなふじき★★

五つ星評価で【★★それはとても上等なお遊戯のようだから】

ちょっと喉に何かが詰まったような違和感を払拭できないので、ギンレイホールにプログラムが掛かった事もあって、もう一回観に行った。

うん、やっぱ嫌いなのは歌の部分だ。
どうして感情の発露の一形態という形で歌を歌うようにしなかったのだろう。
やはり、演技と歌が断線しててチグハグである。
前回の記事では「呼吸が可笑しい」と書いたのだが、
どうも、わざわざ演技と歌を分けているようでもある。
ここからは歌のパートです。何でそんな事をするかね。

嫌なのは、歌の部分がとても「技巧的」に作られている事だ。
「隙」がない。キッチリしすぎてて「感情的」でない。
幼稚園や小学校の「演芸会」「学芸会」の上手バージョンだ。
みんな綺麗なオベベや厚いタイツを穿いて間違いがない事を第一優先で保護者が望むお利口さんな感じで歌わされている。なんか、入学式とかの晴れ衣装を着せられでもしているかのように皆、キッチリしている。きっと、それが嫌なんだ。

何も高嶋政宏さんに『スマグラー』の時みたいに下半身紙オムツで行けとかいう訳じゃないけど、明らかに露出用に均等に貼られているような胸毛を見て、逆に大人しく感じるとか変な状態になってる(自毛だったらごめん)。

PS いちはる姉さんのやらしい水揚げを企んでいたのが岸部一徳で、
 「今度は逃がさしまへんで」とか言って濡れ場に、
 という展開をちょっと期待してしまう俺。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼関連記事。
一回目@死屍累々映画日記
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4269-b3429e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad