ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『風に立つライオン』を109シネマズ木場7で観て、予告編秀逸ふじき★★

五つ星評価で【★★予告編がまとまってるなあ】  

美談は嫌いじゃないんだけど、予告編以上に見せられる部分が真木よう子パートくらいしかなく、そこはよかったのだけど、その分、大沢たかおパートが薄くなった。航一郎は大沢たかおが演じる事によって、背景や性格の説明が薄くても「ザ・善人」が決定づけられるのだけど、そこに頼りすぎて一人の人間としての描写は弱く感じた。どんな艱難辛苦にも耐える「ミスター大丈夫」の起源が、吃音症を乗り越えた合唱ソロパート、転院の説得に当たった患者の死とか、それぞれいい話ではあるのだけど、無理やり一人の人間の話にしてしまった感があって、ちょっと散漫に感じてしまった。

これは大沢たかおという「ザ・善人」が主役を張ったから分かりやすくなったけど、もっと微妙な役者・例えば佐藤浩市とかが演じてたら、このままでは通しちゃいけない脚本だったのではないか。大沢たかおでなく佐藤浩市でもなく、さだまさし主演だったら企画はないだろうけど。いやまあ、大沢たかおが働きかけて出来た映画だから、大沢たかおありきは最初から決まっていたからいいんだろうけど、それだけ脚本が主役に頼ってると言いたいのです。

「お前は純真な心で映画見れないからそんな事思うんやろ」と言われたら反論の余地がないんですけどね。

どうでもいい事。
主役級三人の名前が「たかお・さとみ・よう子」で平仮名だ。
幼稚園つぽいってか、子供ぽいってか、並べると可愛い。
うわ、本当、どうでもいいよ。

真木よう子うまいなあ。
上手い演技やる人に「もっと下手な演技するように」とも三池も言えないから、上手い演技のままである。

石原さとみ、一つ一つの表情が何を考えてるのか分からずに難解。この役その物をバッサリ切っても多分、成立する。何かとっても単に綺麗どころを添えておきましたみたいなキャバクラ感を感じる。萩原聖人が逃げだすような赴任地に石原さとみがやってくるというリアリティーがない。真木よう子の演技と同列上に置かれるのは不憫だわあ。この二人は昔『フライング☆ラビッツ』で共演してるけど、あの時はこういう情感に訴える演技とかではなかったから差異を感じなかった。
石原さとみにはロケ地の脇で「がんばれー」と叫んでほしい。

藤谷文子をそんな使い方するのかという驚きがあった。

夜中、真の闇の中、一心不乱に叫び続ける男はホラー展開だと思う。
まあ、昔の時代だから森田健作っぽいと言えば、そう間違えてないかもしれないけど。


【銭】
109シネマ会員割引デー19日で1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
風に立つライオン@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
風に立つライオン@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS それにしても、大沢たかおの言う「やべー」は神のように自然だ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4278-8956b44f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad