ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『迷宮カフェ』を角川シネマ新宿2で観て、大事な部分もあるけど整理がちょっとだふじき★★★

五つ星評価で【★★★やはり色々な「何故?」に答え切れるほど話が強くないと思う。★一つは主役を演じた関めぐみへのご祝儀】  

これを見たのは主役の関めぐみが好きだから。
ちょっと残念だったのは、その関めぐみが普通に役を演じているのだけど、
いつものはまり役(怒りんぼ)を演じる時より、精彩に欠けていた点だ。
残念ながら、セルマ・ブレアがどんな表情より仏頂面が似あうように、
北川景子がどんな表情よりもイラ顔が似あうように、
人にはここぞ一番というピッタリの顔があったりする場合もあるのだ。
マイ・フェイバリット関めぐみは『必死剣鳥刺し』の権力を手にした側室連子。あの傲慢さにはゾクゾクした。そういう武器を手放しての熱演はやはりどこかもう少しだった。ごめんなさい。手放しで褒められなくて。役柄から言ったら、関めぐみと市川由衣は逆の方がしっくり来る気がする。というかあのヒロインの役には大河ドラマ『花燃ゆ』で女囚を演じた井川遥くらいを持ってこないと、その超然さと決意の固さとかが出ないかもしれない。

あと、話の中心になる、ある善行とその引き換えにもたらされる代償との関係が気分任せのような極めて曖昧な状態で運用されてるのはよくない。

逆にちょっと良かった点は関めぐみの心の傷に対するその対処方法
(宮崎駿の『風立ちぬ』かよ、と思わなくもないけど)、
コワモテの筋肉野郎、角田信朗の、意外に器用で繊細な気弱な演技、
こんなちゃんと匙加減を考えながら演技できる人とは思わんかった。
あっ『瀬戸内海賊物語』の柴田杏花ちゃんが出てる。
あれね、関めぐみの子供時代ね。頑張れ。

市川由衣はちょっと横パイに目が行ってしまう。
あの、コンプレックスはハッキリ言って似あわん、説得力がない。

吉井怜は美人だけど、津川雅彦と一緒に如何にも手弁当みたいな役で出てくる。まあ、豪華でいいかな、と。蛍雪次朗の凄くちゃんとした演技に対して、生島ヒロシの凄くちゃんとしてない(顔出しだけの)演技も面白かった。

話の内容を否定できるほど、悪い人でもない自分だが、
やはりこの主題を中心に置くにはネックレスや行方不明者など、
脚本詰めが甘い部分があるのが残念だ。
脚本の基本的な展開は決して悪くはないと思うだけに。


【銭】
テアトル会員カードのメンバー割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
迷宮カフェ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
迷宮カフェ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4282-38fca27c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad