ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ジェサベル』をHTC渋谷3で観て、こわおもろいぞふじき★★★★(ネタバレ含む)

五つ星評価で【★★★★「ベララルラ」とは言わないが一部魔法少女ものである】  

昔、『魔法少女ララベル』というアニメがあって「ベララルラ」という呪文で色々な奇跡を起こしていた。今回の『ジェサベル』は「ベララルラ」とこそ言わないものの、魔法は使う。それはハイチからやって来たブードゥの魔術である。

怖い。
ハイチの魔術、怖い。
あの音楽がDNAに染みこんでいるかのように何故か激こわい。
あの音楽聞いてると、生きたままの鶏の頭とかちょん切って血とか飲まされそうだ。
何でこんな印象が付いてるんだろう?

主人公サラ・スヌークの顔立ちは好きじゃない方寄りなのだが、被害者チックな顔立ちがきつい(今回は観客を追い込むホラーだから、キツくていいのだけど)。『プリデスティネーション』とのワン・ツー・パンチが効いてるなあ。


【銭】
テアトル会員カードのメンバー + 曜日割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ジェサベル@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ジェサベル@すぷのたわごと

PS あの家その物が母であり、母の胎内であるなら、
 ラスト、ジェシーが家から出され、沼に落ちるのは出産の再現であり、
 望まれずに生まれたジェサベルが得られなかった洗礼・祝福の再試行である。
 その為に彼女と全く同じ資質(代替しても支障がなかった娘)を有する
 ジェシーが依代として選ばれたのなら、それは皮肉としか言いようがない。
 問題は、何故、今頃これなのか? 小さい頃にやればよかったじゃん。
 部屋か、あの部屋なのか。つか、父ちゃん、何であの部屋使わせたんだ?
 それで怒ってるって父ちゃん、お前、おかしいよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4286-cb1b9286
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad