ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ストロボ・エッジ』をトーホーシネマズ六本木6で観て、違和感ふじき★★

五つ星評価で【★★少女マンガだけど、セオリーから堂々逸脱】  

有村架純がムチャクチャ可愛い。
あまりに可愛くて健気なので、これはブラフで、
実はメンタル真っ黒なのではと邪推したりもしたが、
そんな事もなく、物語の中では「天使かよ、おま」みたいに
非の打ちどころのない、いい子なのだった。

対する福士蒼汰もいい奴。ホモじゃないから、野郎はこれぐらいにしとく。

で、恋愛映画というのは、二人にとっての障害を如何に跳ね除けて、
幸せになるかという物語で、少女マンガでいう所の「障害」とは
通常、ライバル=恋敵なのである。

大体、彼の側に、主人公の少女との恋愛に踏み切れない理由があり、
それは、主人公が今はもう本気ではない、傷ついている恋敵を
優しさから捨てられないとか、恋敵が用意周到で十重二十重の
恋愛防壁を敷いてるとか、なのだが、そんな「障害」を
主人公の健気さで懐柔し、周囲からも、ライバルからも、
あの人と彼がくっつくならしょうがないというお墨付きを貰う事が
恋愛双六の「あがり」になる。

言わば、主人公の魅力で恋敵をやんわりバッサリ斬り捨てる。
それが恋愛物の醍醐味ではないだろうか。
であるが、この映画では恋敵が「はいはい」とストンと身を引いてしまう。
その後に現われる恋敵候補娘も決して、その場に居座ろうとしない。

なんてイビツな。

有村架純が、彼氏の彼女席を奪うでもなく、煩悩と煩悶してる様は
男目線からはなかなか萌える物があるのだが、
そんな精神修行みたいな状況と、結果、棚からぼた餅みたいな彼女席のGET、
これ、主要購買顧客層の女目線から見るとどうなんだろう?

どうでもいいのか。
福士君だけ見てれば。

その福士君が物語後半にボクサーのような鋭さで有村架純にお見舞いする
右ストレート「壁ドン」は、
思いの強さが、そのストロークの素早さに表れたみたいで、とっても面白かった。
あの右ストレート「壁ドン」を磨き上げるだけの武術とか開発したら、
それはそれで何かしら物に出来そうな気迫に満ちていた。
なので、それを模した記念撮影用巨大ポップが映画館に設置してあるのは
なかなかいいアイデアだと思った。

福士君と言えば、設定上ブレザーが高校で、詰襟が中学という風にしてるのだろうけど、ガタイのいい身体で詰襟を着ると、とてもお兄さんに見えてしまって、これは衣装設定のミスだろう。


【銭】
トーホーシネマズデーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ストロボ・エッジ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ストロボ・エッジ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ストロボ・エッジ@カノンな日々
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4302-eb123b3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad