FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『バードマン』をトーホーシネマズ六本木7で観て、変なのでも悪くないけどそう好きでもないふじき★★★

五つ星評価で【★★★これにアカデミー作品賞と監督賞を与えるのは先鋭的だが頭でっかちな老人がアカデミー会員に多いという事だろう】  

全くもって悪くはないし、飽きる事もないし、ちょっと引き込まれそうにもなるのだけど、どっちかっていうと突き放した感じで冷静に見ていた。ずっと1カットという映像構成に今更驚きはしない。効果として、カメラは漂っていたかったのだろう。後から考えると、その「ふらふら」した感じが主人公の不安感を強く表わしていたのかもしれない。とりあえず、不快な揺れとかがなかったのは良かった。ドラム・パートの強いBGMはメンタリティ強調の効果が強い。この心拍数に近いBGMのおかげで、より強くシリアスなドラマが強調されて見えてるのかもしれない。

次のようにチラシに書いてある

出演は『バットマン』のマイケル・キートン
『インクレディブル・ハルク』のエドワード・ノートン、
『アメイジング・スパイダーマン』のエマ・ストーン。
新旧アメコミキャストという顔ぶれに、
演技派のナオミ・ワッツが華を添える。

ナオミ・ワッツはアメコミ映画こそ出ていないが
『キングコング』で猿真似みたいなことをやらされてるので、
アメコミに対比した「演技派」という位置に置くのは抵抗がある。
舞台で勃起して一部分が緑色の大男になるかどうかは知らないが、
エドワード・ノートンの方がよっぽど「演技派」のイメージが強い。
そういう意味でもエドワード・ノートンはいいキャスティングだ。
本当にクズだったら笑えるけど、
そこまでシニカルなキャスティングはしないだろう
(ナドレックさんの『映画のブログ』を読むと、どうも本当のクズらしい)。

エマ・ストーンは可愛いし、尻がステキらしいから許す。
セリフにあるが、そんなステキな尻に見えないのは撮影監督の落ち度だろう。
脱がしてでもステキな尻に見せてくれんと。
スパイダーマン縛りで蜘蛛糸で縛ってもいいぞ。いや、いっそ縛れ。

マイケル・キートンの身体の衰えをそのまま武器にしてるのは良い。
誰が声やってるか分からないけど、バードマンの声は渋いなあ。
六本木に1/1フィギュアが置いてあったけど、
バードマンのデザインもうちょっとベルトが大きかったら、
かなりショッカー怪人だと思う。


【銭】
トーホーシネマズデーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)@或る日の出来事
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)@映画のブログ
▼関連記事。
バードマンもういっちょ@死屍累々映画日記

PS 長いサブタイトルがうざい。
PS2 ハリウッド『バードマン2』の企画はこうだ。
演劇で成功した主人公の下に、わらわらとヒーロー役者が集まってくる……
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4303-f5a5bfca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)