ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『かちこみ ドラゴン・タイガー・ゲート』をシネマート六本木2(B1F大)で観て、その趣味性の高さにゲラゲラ大笑いふじき★★★

五つ星評価で【★★★話が薄すぎてステキ】

ファースト・ランの時に見てるので二回目。
確か、あまりに話が「お花畑らんらんらん」みたいに
能天気に適当なので、どえれえアクションは別として、
公開近々で二回見ようとは思わなかった一本。

んでもまあ、今見ると、バカな子供の様なもんで、これはこれで可愛い一本だ。

ざっと話すと、いい人チームと悪い人チームがいて、
親分のお世話になった為、悪い人チームにいるドニーさんが
親分ともどもいい人に寝返ろうと言う時、ラスボスにコテンパンにされる。
結局、いい人チームと共闘して、ラスボス倒して終わり。

他愛もない話で、それはそれで良しとして、マンガ原作から持ってきた
超ビジュアルに、ことごとくリアリティーがない。
主人公三人がTシャツ来てて、それぞれ「星」「雷」「蠍」が図案化されてる。
果てしなくダサい。昭和っぽいというか、1970年代くらいっぽい。
一歩間違えるとフォークソング歌うとか、マイムマイム踊るとかやりそうだ。

そんな蛸ビジュアルな癖に、
ドニー・イェン自らが手がけるアクション・コーディネートは絶頂状態。
すげえすげえすげえを200回くらい言いたい状態。
そして、それを助長する川井憲次の超熱いスコア。
魂が籠りすぎてる。
合うんだよね、ドニーのアクションに川井憲次の過呼吸っぽい熱いスコアが。

映画を見終わった後に、話がタコすぎて
面白い物を見た気分が駿足で失われていっちゃうのが惜しい映画。

ドニーさん、この映画だと身長けっこうあるみたいに見えます。


【銭】
シネマート六本木さよなら特集で1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート@ぴあ映画生活

PS あの中華料理の円卓を気円斬みたいに使うカットは
 今見ても惚れ惚れするかっこよさ。ああいうの思い付いて、
 ちゃんとかっこよい絵に仕上げてしまう所が凄い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4339-5ad2fde7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad