ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『百日紅』をテアトル新宿で観て、ああ普通だなあ。他の人のように後から染みんなあふじき★★★

五つ星評価で【★★★普通に通りすぎた】

山場の設定もなく淡々と進む。
映画館の椅子に拘束されている時間が退屈な訳ではないが、
強いエモーションを感じなかった。
後からじわじわ来るという感想もツイッターで散見されたが、
私に関しては特にそうでもなかった。

日常を描く。
その世界での当たり前や生活の機微を描く。
それはもちろん大変な事だし、
採光に注意した映像は一見に値する。

でも、これは実写で撮った方がいい素材だろう。
アニメならではのデフォルメは活きないし、
実写で撮った「人の皮膚」が語りかけてくる感覚があった方が
より「人が生活している感」が伝わってくると思う。
原作がマンガ(未読)なので、実写化による原作との乖離を避けたかった、
というのはあるかもしれないが(未読なので判断できん)。

有名俳優を多く集めた声のキャステイングは「下手」な人がいない事は評価したい。棒読みにもならず、声はちゃんと聞き取れる。だが、声優として確立された声ではない。普通の声が大多数で、そういう普通の声が集まると何とも耳触りが地味だ。もうちょっと無駄に分かりやすい声優の声が入ってバランスを取れたらよかったのに。

後、これは演技メソッド側の問題であろうが、美保純と杏の掛け合いとか、演技の同一線上にいないみたいなやり取りも面食らった。

杏は宛て声で、キャラも似せてるだろうから違和感はない。ただ、やはり、見ていて「杏」を忘れるのには時間がかかった。
陰間茶屋の部分だけでも実写にならんかなあ。
いやあ、あそこだけでいいよ。


【銭】
テアトル火曜会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
百日紅~Miss HOKUSAI~@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
百日紅~Miss HOKUSAI~@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
百日紅~Miss HOKUSAI~@ペパーミントの魔術師
百日紅~Miss HOKUSAI~@こねたみっくす
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4340-44696e81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad