ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『原宿デニール』をUCT9で観て、映画以前の問題としてあれはいかんふじき★★

五つ星評価で【★★おそらく安い撮影機材のデジタルはいかんということだろう】

映画の出来以前に、1カットの中で露出(明暗)が安定しないカットが幾つもある。『バードマン』のような超長回しとかではなく、ごくごく普通のカットだ。デジタル映写機のせいとは思いづらいので、撮影の時に自動露光がオン(不安定)の状態のまま、撮り続けたという事ではないだろうか。ごくごく最近までのフィルム撮影では撮影時間中照明を焚いていたので、露光は一定していた。仮に屋外での自然照明での撮影をするにしても人工照明でのノウハウがあるから一定の採光になるよう意図して撮影したに違いない。デジタルで小さなカメラで誰もが撮れるようになった事から、安い映画では撮影機材の性質を掴み切れず、気持ち悪い映像を撮ってしまう事が多いように思う。デジタルモアレだったり、ピント異常だったり。それは撮影失敗だから誠実に対処するなら再撮影すべきだが、撮影素材をPCの小さいモニターで確認するのだから、ミスに気が付かない。最後にスクリーン試写を行う段階で気づいても、どうにもならない。そんな事象が多くなってそうだ。プロなんだから、ちゃんとしてほしい。

原宿を舞台にしたライトな群像劇はそこそこ面白い。
ただ、指輪屋と耳かきが同じだとかは分からなかった。
登場人物が多いのに整理が行き届いていない感はある。
市井に巣食う一介の変態として「デニール」という単語くらいは知ってる。
ちなみにデニールが大きい方が好み。

女の子はそこそこ出てるけど、あまり可愛く撮れてない気がする。
照明が適当だからしょうがないか。
単純に晴れの日と曇りの日だったら、女の子は晴れの日の方が綺麗に映る。
原宿がジメジメしてる訳でもないだろうけど、
この映画の中でカラっと晴れてたって印象はない。
お目当てで見に行った武田梨奈の脚は、武器としてはいいけど、
失礼ながらそんなに綺麗じゃないと思う。

ホモじゃないけどパンスト屋の男はかっこいいと思うな。

あと、寿司屋のオヤジの一喝はよし。


【銭】
太っ腹にも1800円均一料金をそのまま払った。見終わってムカムカする事も知らずに。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
原宿デニール@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4342-8c62755e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad