ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ソレダケ』をシネマート新宿1で観て、爆音だけでもいいじゃねえかふじき★★★

五つ星評価で【★★★石井岳龍(石井聰互)のトンガリに笑う】

いくつだよ、石井聰互というぐらいのトンガリ具合に笑う。
こんなの、爺さんの作る映画やないよ。
「爆音3chバズーカ音響」がビンビンすぎて楽しいよ。

全編にじっとり絡みついてくる物語が残念な事につまらないが、
このつまらない物語を捨て去って、単純にテンションの高いアクション映画
に落ち着いてたら最高点付けそうな映画(なので残念)。

主役は染谷将太。この人、上手いけど流石に出過ぎだ。
割とどの演技も似通った役どころが多いし。
その主役をいきなり追いかけまわすテンションの高い悪役に渋川清彦、
いいねいいね、この人が出てくると、映画全盛期の頃のように
イカレタ出来事が頻発しても違和感がなくなる。
その渋川清彦と同列にいるテンションの低い悪役に村上淳。
ぞっとする表情を見せる。この人は何でもできる。
そしてボスキャラに綾野剛。ここ最近は観客を安心させるヘタレ役が
傾向として多かったが、こういう硬派なクズもちゃんと似あうのは良い。
ヒロインの水野絵梨奈は頑張ってるが、申し訳ないけど外観が好きじゃない。

そして、主役は彼ら彼女ら以上に「音」である。
合う合わないがあるので、音のでかい劇場でやってるうちに見てもらいたい。
そういう意味でシネマート新宿1は随分頑張った爆音になっていた。
音がでかくて、重低音が響くのに、音そのものは潰れていずにクリア。やるじゃん。

うん、理屈ではダメな映画だけど、動物としてこの映画は推す。


【銭】
シネマート火曜メンバーズデーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ソレダケ/that’s it@ぴあ映画生活

PS それにしても宣伝も何もない。
 石井岳龍監督の最新作公開って知らなかったし。
 ポスタービジュアルのタイトルはアート線強すぎて読めないし。
 今は公開される映画が多すぎるから、
 ちゃんと宣伝をしないと間違えてお客がいっぱい来るなんて絶対ないのに。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4361-112d229b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad