ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『イニシエーション・ラブ』をトーホーシネマズ六本木3で観て、まずまず苦しゅうないふじき★★★

五つ星評価で【★★★「騙し」については途中で分かったが、それでも楽しめた】

ちょっと「勿体ないな」と思ったのは、予告編等でさんざん「騙される」という表現を使ったが為に、ドンデン返し的な落ちがあるということが事前に分かってしまった。まあ、原作がベストセラーなので、その辺を「隠しおおす」のを断念したのかもしれないが、何にも知らずに見たらビックリしてたかもしれない。今回は警戒して観たため途中で「騙し」の内容に気が付いてしまった。勘違いしないでほしいのは「騙し」に気が付いてしまったからつまらない訳ではない。面白い。ちゃんと出来ている。

堤真一堤幸彦なんて本当に信用できない監督であるが、今回はそれなりにいい仕事をしている。

「騙し」の内容がはっきり分かった後の、ネタ晴らしの丁寧さに好感が持てる。そして、ラストシーンの何一つ表情が読み取れない物語の渦中にいる前田敦子の演技がズバンと秀逸。前田敦子といい、木村文乃といい、この映画の女子は猛禽類みたいだ。近寄ると牙で噛み砕かれて無傷では済まない。

チラシに「原作と異なる衝撃のエンディング」と書いてある。
原作の「衝撃のエンディング」を否定したら凡庸な終わり方になるのでは?と推察してしまうが、この辺は実にうまくできている。読んでないけど、原作以上と太鼓判を押してもいい。ネタバレなし記事として書いているので、ここでの記述は避けるが、原作のネタバレをググってみれば上手い事をやらかしたのが分かる。

もう一つ、チラシに「※これを読んでいるあなたは、すでに騙されています」との言葉も書かれている。どこだろ。「あなたは必ず、2回観る」という部分だろうか?2回はいいや。


【銭】
映画ファン感謝デーで1100円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
イニシエーション・ラブ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
イニシエーション・ラブ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4363-75f1ab63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad