FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『荒野の1ドル銀貨』『群盗荒野を裂く』をシネマヴェーラ渋谷で観て、マカロニらしいのとらしくないのとふじき★★★★,★★★

特集上映「イタリア萬歳Ⅱ」の1プログラム。

◆『荒野の1ドル銀貨』
五つ星評価で【★★★★ジェンマかっけえ】

ジェンマかっこいいってか、ハーレクィーン・マカロニウェスタンかよ!
でも、ジェンマの奥さん役がただ気位が高い風にしか見えないいけ好かない女なので、今一つ観客としては親身になれないのであった。
「銃で撃たれたと思ったら実は……」というエピソードはこの映画から始まっているのだと思われるが、題名にもある1ドル銀貨は銃弾を停止させるに限らず、ちょっとした事で主人公を助けるアクションを起こすのである。なんか『ゴースト』でパトリック・スウェイジが自己の存在を証明するために宙に浮かせたコインみたいだ。とすると、あの1ドル銀貨には騙し討ちで殺されたジェンマの弟の霊が憑りついたのかもしれない。
冒頭オープニングロールのイカした映像を見て、ルパン三世の粋な感じはこのイタリアン・テイストがアニメに翻案されたんだな、と分かった。


◆『群盗荒野を裂く』
五つ星評価で【★★★怪作】
メキシコ革命を舞台に革命勢力に武器を売る故買屋の数奇な運命を描く。
って訳で土地がバリバリメキシコで、登場人物にガンマンがほぼ皆無で、メキシコの農民だらけになってしまうと、マカロニというより西部劇らしさがパッタリなくなってしまう。似てるけど似て非なるものである。「マカロニ」ではないけど、人間ドラマとしてとても面白い。
主人公が寅さんっつか、『トラック野郎』の菅原文太っつか、気持ちの良い頭の悪さ。頭が良くないと生きていけない革命の御世にそれでも頭が悪い事を貫いてしまう主人公の筋目がとても魅力的だ。
「何でこの人ここに流れてきたの?」って出自を全く無視してメキシコ人だらけの野盗内で働くクラウス・キンスキーの顔がいい。


【銭】
シネマヴェーラの会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
荒野の1ドル銀貨@ぴあ映画生活
群盗荒野を裂く@ぴあ映画生活
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4373-26e57960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)