ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『駆け込み女と駆け出し男』をトーホーシネマズ日本橋4で観て、そのスピードは違うに違いないふじき★★★

五つ星評価で【★★★筋の通ったカタルシスが欲しい所】

つまらない訳ではない。
様々な人生がテストケースのように詰まっていて、
なかなか興味深い話を色々聞かされてナルホドと思ったりする。
だが、話の中で一本筋を通って貫いてるような気持ちのいいカタルシスがない。
(本来は中村信次郎の成長譚が縦軸なのだろうが大泉洋だと育つ気がしない)

そしてちょっとイラっとしたのは映画の中の江戸弁が妙に早口で聞き取りづらかった事だ。べらんめえの江戸弁は京言葉に比べれば早口と感じる事もあるだろう。ただ、検証し様がないのだが、綿々と伝えられている落語の「間」などから考えても、あの速度での会話はありえないと思う。ありえない物を再現しようとしているのは、それだけの長さの脚本を書いてしまったが、時間内にも納めたいという欲求の板挟みにあったのではないだろうか。前、三谷幸喜が同じような事態をやはり早口で演じさせて間をバラバラにして失敗したのを見た記憶かある。本作はコメデイー寄りではあるがコメディー一本やりではないので、耐えられなくなるほどの「イヤ感」は感じなかったが、監督には反省してほしい。

登場人物でいいのは、骨太な感じの戸田恵梨香、いるだけで名人芸のような樹木希林、凛としてるけど幼くて折れそう感もある陽月華。満島ひかりと堤真一ペアの秘密も面白かった。大泉洋はいつも通りだが、こういう軽くて適度にだらしない感じをこなせる役者が他に思い浮かばないからしょうがない。


【銭】
トーホーシネマズメンバーズデーで1100円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
駆込み女と駆出し男@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
駆込み女と駆出し男@映画のブログ
駆込み女と駆出し男@映画的・絵画的・音楽的
駆込み女と駆出し男@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 火膨れがあったとしても、戸田恵梨香の顔を「それでは男が寄り付くまい」
 とののしるのはいくら何でもリアリティに欠ける。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4379-e3e6e823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad