ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『薄氷の殺人』『カフェ・ド・フロール』をギンレイホールで観て、何となく乗れないふじき★★,★★

◆『薄氷の殺人』
五つ星評価で【★★グイ・ルンメイ】

グイ・ルンメイに尽きる。

それがこの映画の全て


主人公のとっちゃん坊やっぷりがちょっと悪い方向でイヤ。誰かに似てると思ったけど林雪(ラム・シュー)かな。林雪の方がいい意味でチンチクリンでゆるキャラっぽくて可愛い。銭形のとっつあんが現実にいたらこんな感じになっちゃうのかもしれない。

それにしても、やっぱり、グイ・ルンメイが出演してなければ形にならなかった。
そんな映画だと思う。


◆『カフェ・ド・フロール』
五つ星評価で【★★よう分からんし、分かってもそれがどうなのって疑問もある】

二つの時世をぴょんぴょん行ったり来たりでラストに無理やり理由つけてドンとまとめて終わり。別にまとめないで二本の映画だったとしても何も問題なかったんじゃないだろうか。よう、分からん。寄り添いに行って分かろうと言う気も起こらん。

フランス側(昔)の話の母役がヴァネッサ・パラディで、それは『エイリアンVSヴァネッサ・パラディ』のヴァネッサ・パラディその人で、普通に普通な役者として起用されてるようでよかった。
今回は黒のショートカットなんだけど、金髪じゃないとヴァネッサ・パラディな感じがしない。あと、比較的、尻軽じゃないとヴァネッサ・パラディな感じがしない。ということは、今までのヴァネッサ・パラディっぽくなくなったのが、役者として良かったのかもしれない(いや、元々は歌手だから、役者として良くなる事にこだわらなくていいのかもしれないけど)。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
薄氷の殺人@ぴあ映画生活
カフェ・ド・フロール@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4386-b644f4e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad