ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『呪怨 終わりの始まり』をHTC渋谷3で、『学校の怪談 呪いの言霊』をシネ・リーブル池袋2で観て、落合グッジョブふじき★★★★,★★★

落合監督の二本。
落合監督、上手くなったなあ。
ショック効果の立て方がうまい。
こういう技術が上手い職人ホラー監督っていそうで、そんなにいないんだよなあ。

◆『学校の怪談 呪いの言霊』
五つ星評価で【★★★いい所と悪い所がある】
もともと見る気はなかったのだが、『5つ数えれば君の夢』の東京女子流が出演してるので、もののついでに見てみた。全く期待してなかっので、そのテクニカルなショック演出にはちょっと興奮した。
あれ、うまいじゃん。
割と複雑な構成を持った話なのだが、話の全貌が分かりきらなくてもまあ、見れるのでそこは減点てありながら加点だ。

もう一つ大きな減点は東京女子流の5人を始め、女の子がようけ出てるのに、個性を出すように綺麗に捌けてない。東京女子流なんてもう誰が誰なんだか状態。元からそんなに違ってない感じだと思ってるのだけど。なんて言ったらファンに怒られそうだが、私の中ではそうなのです。違うと思われたかったら、角を生やすとか目を増やすとかしてほしい。


◆『呪怨 終わりの始まり』
五つ星評価で【★★★★作品的にとてもお得】

観に来て知ったのだけど、リブートらしい。
しかし、改めて考えると『呪怨』というシリーズそのの物が
常にリブートに近い状態で繰り返されている。
最初のビデオ2本『呪怨』はそれだけで独立している。
映画として作られた『呪怨』『呪怨2』
それぞれ独立してるし、ハリウッド資本で作った『ザ・呪怨』
今までの作品との地続き感はない。

かと言って、これらが「リブート」かというとそうではない。
既存作品は時代が違うだけで、並べれば時系列に並ぶ。
系列で見る限り、設定の異なるつまはじきの異物はないのだ。
『白い老女』『黒い少女』はスピンオフ扱いだから異物っぽいが、
細かい話は忘れてしまった。

なので、今回がおそらく初のリブート(シリーズ建て直し)。
「俊雄くん」の設定がちょっと従来と異なります。
今回、とってもお得なのが、従来の映画の中でのものごっつ怖いシーン
原典の再現という形で何ぼか組み入れられてるという所があります。
んー、恐怖のいいとこ取りみたいな感じ。なかなか怖くていいぞよ。

そして、主役の佐々木希とトリンドル玲奈が超可愛い。
怯える女の子に胸がズッキュンドッキュンです。

「全く怖くない」というネット評も散見されるが、
『呪怨』で心底怖かったのは、オリジナルとオキメグ『呪怨』の予告編で、他は適度に凡庸だと思う。だからあまりこれを責めたてるのは可哀想だと思う。


【銭】
『学校の怪談』:期間限定のテアトルの1000円で観れる券を使った気がする。
『呪怨』:テアトルの木曜メンバーサービスデーで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
学校の怪談 呪いの言霊@ぴあ映画生活
呪怨 -終わりの始まり-@ぴあ映画生活
▼関連記事。
呪怨 -白い老女 黒い少女@死屍累々映画日記
呪怨 -ザ・ファイナル@死屍累々映画日記
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4395-4caa5c29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad