ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『虎影』をUCT11で観て、このビジュアルへの傾倒ぶりがいかすよふじき★★★

五つ星評価で【★★★万人に勧められないが、ピンポイントでバシバシ心に正拳突きが飛んでくる感じで捨て置けない】

色々、残念な部分はある。
最強の忍びである筈の「虎影」が今一つ強く見えない事。
無駄な遊びが多い事(呪怨のくだりとか)。
財宝に面白みがない事。

ただ、それを圧倒する様様なビジュアルの数々
人柱ボードの上での超スピード格闘戦。
人間手裏剣と竹製パワードスーツの一騎打ち。
各々のキャラに似あった超絶な衣装。
腹にドコドコ沁み込んでくる和太鼓音楽。

ああ、ダイナメーションなんか使ってる。
いいなあ。偉いなあ。
何で今ダイナメーションなんだよって違和感がたまらんけど、理由なしでいいなあ。

「ああ、どうしよおー」と大声で叫ぶ斉藤工がいい。
「セクシー」を冠に付けられて、
等身大のキャラを演じる事が少ないので、
このダダモレたような演技の解放感はほとばしるように気持ちよかった。


【銭】
ユナイテッドシネマズのポイント2ポイントを使って割り引いて1000円で鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
虎影@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
虎影@カノンな日々
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4400-e78e112b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad