ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『はじまりのうた』をギンレイホールで観て、縁側でお茶的ないい映画だふじき★★★

五つ星評価で【★★★ずっと見てたくなるような心地よさ】

マーク・ラファロってどん底の境遇が似あう顔なのだよね。
どん底にいても強烈な悲壮感がない。何をやっても生きていける感じがある。

キーラ・ナイトレイは何か居住まい全部が可愛らしくて愛さずにはいられないキャラ。

セッションのシーンも気持ちいいのだけど、キーラ・ナイトレイという一要素が加わる事によって、ラファロ一家があれよあれよという間に再興したり、ミュージシャン達との関係が気持ちよかったり、精神的にとてもホッとする映画。

ドーパミン(興奮)かセロトニン(安定)かで言ったら、
ひたすらセロトニンがずーっと出てるような映画。
だから、映画らしい山場で盛り上がる感じはあまりない。
でも、見終わって満足できるいい映画だった。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
はじまりのうた@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
はじまりのうた@映画的・絵画的・音楽的

PS レコード会社の会議室にて
 社長「契約をしてもいいが、歩合はいつも通りだ」
 キーラ「でも、あなたたちの取り分は多すぎるわ」
 社長「黙れ、有名シンガーに囲われてる癖に。気に入らないなら契約破棄だ!」
 その時、激怒とともに緑色の大男が!
 会社が緑色の大男に破壊された為に、契約がどうのこうのではなくなり、
 ユニットが作成したアルバムはネットで自主販売される事になった。
 これが真相です。
PS2 じゃあ対になる「おわりのうた」って
 何なんだって言ったら『マッドマックス 怒りのデスロード』
 火炎放射器ベースで奏でるあの曲か?(あれはボーカルいないか?)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4406-f12ae49f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad