ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『きみはいい子』をテアトル新宿で観て、こんなんいい映画に決まってはいるけど予告はちょっとどうかなふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★観終わった直後より後にボディーブローくらう感じ】

おそらく、普通にいい映画であるだろうとは思っていたし、
なるほど、確かにいい映画でもあったのだけど、
『ターミネーター 再起動』の感想で言った通り、
予告を見ると物語の全貌が分かってしまい、
予告で持ちだされた話の結末をただ確認する映画になってる気もした。

自分は、映画館で予告編の回答を得たい訳ではない。
映画館で物語を見たいのだ。
なので、映画その物は良作であるが、
予告編や宣伝方法にはちょっと引っ掛かる物があった。

ただ、私は映画に対して、
物語よりも役者が演じるキャラクターを重要視して見る傾向があるので、
一日経ってから、映画の事をぼーっと思いだしたりすると、
彼等の真摯な演技を思いだして「ああ、やっぱりよかったなあ」と
思わざるを得ない状況に落とされていた。

好きな映画なのだけど、あまりいい出逢い方をしなかったのは残念だ。

気になった役者。

高良健吾:いや、いい。目がオドオドして、キラキラして、
 とっても特別だけど、とっても普通。
 ラスト、あの後が見たかったが、
 あそこで終わるのは甚だ「映画」という気もした。
 あのやっと走り出した彼の行動が突破するにしても玉砕するにしても
 先を見たいと思うのは当然じゃなかろうか。
 勿論、走り出した事に意味があるのは重々分かるけど。
尾野真千子:きっつい役で、本当にリアルで怖い。
 この人は映画によってあまり変わるという印象がないが、
 それがいい意味でリアルに響いてくる。
池脇千鶴:もう、何やらしてもこの人は大丈夫な人だから。
 池脇千鶴が意味がなかった映画は『海月姫』くらいか。
 映画の中で、池脇千鶴が子供に当たらないでいられるようになった
 転機を描いてほしかった。
高橋和也:『パズル』とか『そこのみにて光輝く』とか観た後に、
 こういうの持ってこられると、柔和でいい役者だなあと思う。
 池脇千鶴と一緒のシーンとか見たかったが、
 過剰に登場人物の繋がりを見せないのは意図的にやっていたのだろうか。

あと、子供はみんないい。うますぎる。演技してない感じ。
映画の中でギュっとされない尾野真千子の子供をギュっとしてあげたい。


【銭】
テアトルの会員割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
きみはいい子@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
きみはいい子@映画的・絵画的・音楽的
きみはいい子@お楽しみはココからだ
きみはいい子@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 白味の立場は?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4433-fd42ac79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad