ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『東京無国籍少女』をシネクイントで観て、ああ押井だ押井らしいなふじき★★★(ネタバレ要素あり)

五つ星評価で【★★★清野菜名のアクションに星一つプラス。映画としては大した映画じゃない】

ラスト部分についての言及でネタバレしてます

バリバリに良くも悪くも押井守。
相変わらず物語を展開させる気持ちはないらしく、
状況のスケッチをひたすら積み重ねる退屈な部分と
そこから一転、目を離せない売りのアクション部分とがはっきり分かれる。
アクションを成り立たせる為に長い振りがあるのだが、
押井自身がどっちにより関心を傾けているかは分からない。

原案になる作品があるらしいのだが、
映画としては「東京」でも「無国籍」でもない。
改変前が予想つかないが、
例えば巨人が出てこない映画に『進撃の巨人』
ってタイトルが付いてたら変じゃん。
違和感ありあり。

とにもかくにも、清野菜名のアクションが驚愕レベルの出色の出来なので、
この部分だけでも見る価値がある。

「ラスト15分 この結末は予想できない」とコピーにあるが大した結末ではない。ピンポイントに予想する事は出来ないかもしれないが、これってスタイリッシュにした夢落ちに他ならないから、これを予想できても、あまり威張れないのではないか。やはり、「夢落ち」は昭和で途絶したものという印象がある。見た目や味わい具合を改造してまで、後世に残さなければいけないほどの手法とも思わんのだ。押井先生、まだ夢なんですか。もう夢はいいんじゃないですか?


【銭】
チケットリターンで1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
東京無国籍少女@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
東京無国籍少女@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS せめて『北海道無国籍少女』じゃあかんのか?
PS2 ブログタイトルが『東京国籍少女』で「無」が飛んでしまってる。
 アセアセ。すぐさま修正。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4436-254007dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad