ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『日本のいちばん長い日(岡本版)』『ゆきゆきて神軍』をキネカ大森1で観て、キチガイ盛沢山だふじき★★★★,★★

「終戦映画2本立て」。
キネカ大森の名画座快進撃が止まらない。

◆『日本のいちばん長い日』
五つ星評価で【★★★★単におもろい。役者見てるだけで楽しい】
多分、三回目。

物語もその時、そんな事が行われていたのかという意外性に満ち満ちていて
一瞬たりともも退屈させないが、
それ以上にともかく多彩な役者陣を見ているだけで満足してしまう。

筆頭二人あげるなら、天本英世と黒沢年男。
天本英世は日本人が考える「キチガイ」という言葉を間違いなく体現している。
あれこそ「キチガイ」。ザ・キチガイ、キング・オブ・キチガイである。
黒沢年男の何か卑小な獣に憑りつかれてるような暴走っぷりも素晴らしい。

笠智衆の首相の爺ちゃんぽさ、加藤武の書記の食えなそうなベテランぽさ、
小林桂樹の侍従の生活感のない飄飄した感じ、
伊藤雄之助のあゝ伊藤雄之助だなという感じ、
加東大介の羽目を外さずに底からボワっと明るい感じ。

ああ、層が厚いなあ。
今の日本映画で伊藤雄之助みたいな変な顔の役者がいないのは本当に良くない。
そう言えばそれは芸人枠だってツイッターで言われた気がする。

伊藤雄之助が出る場面で、飛行場の格納庫壁面に左から右へ横書きで
「火気厳禁」と書いてあるのが映っていたが、あれはチョンボなんだろうか。


◆『ゆきゆきて神軍』
五つ星評価で【★★奥崎という怪物】
二回目。

取材対象の奥崎は狂人。だから、ドキュメンタリーとしては面白い。
ドキュメンタリーは被写体が特殊であればあるほど映える。
でも、この奥崎と言う男を興味深いとは思っても好きにはなれない。
浪花節に人情派な所など、この男が戦争にさえ行かなければ
ごく普通の市井の人々として一生終えたであろうから、同情の余地はあるが。

奥崎が口で責める。暴力を振るう。
その責は自分で負うから警察でも何でも呼べばよいと言う。
だが、そもそも「奥崎が警察に拘束される事」と「暴力を振るわれる事」
が対価になるという考えがおかしい。それは奥崎自身が主張しているに過ぎない。
この主張だと人を殺しても捕まれば問題なし。
そこに殺された被害者の姿はない。
自分を押し付けて他人をかえりみない人間は見世物としてはともかく、
近くに近寄りたくはない。
だから、そういう猛獣に近寄っていったこのドキュメンタリーは秀逸である。

好きではないけど。

うん、やはり、和太鼓はよい。
和太鼓が入ると映像がピリっとする。


【銭】
キネカ大森3回使える名画座専用回数券のポイントがたまって無料鑑賞。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
日本のいちばん長い日〈1967年〉@ぴあ映画生活
ゆきゆきて、神軍@ぴあ映画生活
▼関連記事。
日本のいちばん長い日(原田版)@死屍累々映画日記
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4440-74bcd41e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad