ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『三つ数えろ』『けだもの組合』をシネマヴェーラ渋谷で観て、疲労で惨敗ふじき★★★,★★★

特集上映「映画史上の名作13」の1プログラム。
二本とも疲労でガクンガクンと睡魔に足引っ張られる。

◆『三つ数えろ』
五つ星評価で【★★★体調が万全ならグーのはずだけど、ガクンガクンいってもた】

ボギー男くせえ。
ネクタイがちょびネクタイで、そんなファッションの時代があったんだ。
今だと、あのネクタイはコントのネタみたいな感じにしか見えない。
ボギー背が低いのか。

出てくる女性が全部、美女美女してて誰も彼もボギーに微笑んでくる。

ただ、登場人物がどうにも多くてなあ。
「三つ数えろ」の部分はかっこよかった。
大ちゃん数え歌だと、「三つ未来の大物だ」に当たる部分だが、
大ちゃん数え歌で数えなかったから、普通にかっこよかった。

何気に温室でしか暮らせない大富豪の佇まいが好き。


◆『けだもの組合』
五つ星評価で【★★★脚本が雑だけど、マルクス兄弟の映画って、おそらく普通に考える映画じゃないからしょうがない】

舞台の映画化らしいのだが、まあ、話はあってないようなもんで適当。
多分、マルクス兄弟が如何に縦横無尽に自分たちの芸が発揮できるか、そこが大事なのだ。なので、全体的なストーリーよりは細かいネタがどれほど詰まってるかが大事。ただ、そういう無理くり作り上げたような形の変な映画なので、延々とネタが長かったり、カットの終りがぞんざいだったりでテンポが悪い。……から寝たという事にしておこう。基本、寝ても支障はないのだけどリベンジでもう一回見たいなあ。

グルーチョは相変わらず、信用できないイカレキャラ。
かなり最初の頃の映画らしく、顔とか若くて、
あまりおっちゃんおっちゃんしてない。セリフもそんなにマシンガントークではない。土人の籠に乗せられて登場するシーンなんて今の映画では撮れない1シーンだろう。いい。映画とアフリカから無理やり連れられてきたような華美な土人はよく似あう。
あの極端に腰を落としたグルーチョ歩きをしていない。あれ、後付けなのか?

チコはいつも通り。

ハーポはもっとも激しい狂い方をしている。
キの字に銃とか、ガス兵器を持たせてはいけない。
でも、人を殺しそうな時でも無邪気なのがたまらなくグっと来る。
人間と言うより、ペットっぽいのだと思う。

ゼッポはどこにいるか相変わらず分からなかった。

『けだもの組合』って映画内容の何一つも表わしていないのだけど、いいタイトルだと思う。


【銭】
シネマヴェーラの会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
三つ数えろ@ぴあ映画生活
けだもの組合@ぴあ映画生活
▼関連記事。
リベンジ@死屍累々映画日記
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4457-10223ba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad