ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『天空の蜂』をトーホーシネマズ日本橋9で観て、なかなかじゃんふじき★★★

五つ星評価で【★★★堤の癖に】

原発の上にホバリングで止まる無人の巨大ヘリコプター。
燃料切れまで8時間、遠隔操縦する犯人と開発者との戦い。

なかなかスリリングな設定であるが、監督が堤幸彦という映画ファンの信頼をことごとく裏切ってきた男だから安易に安心してはいけない。堤であるが故に「安心できません」と見なかったり、見ても「堤に負けたくない」とマイナスを膨らませてしまう人も多いかもしれない。まあ、しょうがない。だって、堤って映画ファンの間では、葬式に酔っぱらってきて裸踊りした挙句個人の棺桶にゲロ吐いちゃうような奴というくらいの散々なイメージなのだもの。

前作の『イニシエーション・ラブ』も私は賛成派だが、手強い反対派も多かった。監督名伏せて見せれば、そんなに強い拒否反応はなかったと思うんだが。今作『天空の蜂』もいい出来上がりだと思う。基本、雇われ仕事はいい結果を出したりするんだよね。いい結果出さないと次のオファー来ないしね。私もこれが「歴史に残るような」とまでは言わないんだけど、同時期に見た『S 最後の警官』とか『アンフェア the end』があまりにもズタズタだったんで、相対的に評価を上げてしまった。でも、一つの難問を解決するために沢山の人が幾つもの知恵と技術を出し合って解決を模索する、その中でアイデアが多い物は、そのアイデアが多いだけで秀作になる。これはそのケースの映画。詰め込んだ分、ちょっと分かりづらくなったりする分はまあ、しょうがないだろ。

江口洋介、こういう一本調子で不器用な役が似あう。
ぴょん吉着たら似あうかもしれない。

モックンの胡散臭げに江口洋介と対立する役もおもろい。
「歩行」は聞き取りづらかったな。

仲間由紀恵いい感じで華がない。

手塚とおる気持ち悪い。良くも悪くも印象に残る。

綾野剛、『フェノミナ』かよ(役柄、逆か)。

國村隼、心臓を捧げよっていい人、悪い人に関わらず演技は一緒。

柄本明、……も演技は一緒。別に柄本明の新しい側面を見たい訳ではないけど。

映画として、ちゃんと主張する内容があってよかったと思う。
そういうのを何の主張もなさそうな堤が取るというのも皮肉だが。


【銭】
トーホーシネマズフリーパス3本目。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
天空の蜂@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
天空の蜂@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS 江口洋介が開発していたのがビッグBではなく、
 ビッグXだったらこんな事件にならなかったのに。
PS2 「天空」と付くからには「バルス」と言ったら
 自動的に瓦解するようなシステムにしとけばよかったんだよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4468-72b1e650
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad