ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ヴィンセントが教えてくれたこと』をトーホーシネマズシャンテ3で観て、ビル・マーレーええのうふじき★★★

五つ星評価で【★★★老境に差し掛かるとそらこれを肯定しない訳にはいかん】

クソ爺ビル・マーレイが優等生少年の子守バイトをやったら案外OKという話。
多面性の教訓で、人は洋上に浮かんでる氷山の一角だけから全てを類推してはいけない、未知の良い部分が必ず隠されているに違いないから。そこで、闇を掘り起こしちゃったらホラーになるのだが、美談でまとめた方が売れるからそうはならないし、それで良い。

ビル・マーレイがいい。
と言うより、ビル・マーレイのキャスティングが成功だ。
ビル・マーレイ自身はそんなに特別な事はやっていず、いつも通りのへそ曲りだ。
だが、老境に差し掛かり、ツイッターなどで人並に嫌われ者になったりするとよく分かるのだけど、嫌われ者が好かれる映画こそが今、みんなに求められているコンテンツじゃないだろうか。昔に比べて「嫌われ者」や「潜在嫌われ者」が山のようにいっぱい増えてる気がする。昔は爺さん、婆さんになってやっと偏屈な嫌われ者になる感じだったのに、今は要所要所で嫌われ者作成イベントが山のように待ち構えている感じ。


【銭】
トーホーシネマズフリーパス4本目。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ヴィンセントが教えてくれたこと@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ヴィンセントが教えてくれたこと@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
ヴィンセントが教えてくれたこと@お楽しみはココからだ
ヴィンセントが教えてくれたこと@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記

PS 母ちゃん役の太っちょ「メリッサ・マッカーシー」って、
 『デンジャラス・バディ』の太っちょ女刑事か。
 当たり前だけど、『デンジャラス・バディ』のままじゃなく、
 ちゃんとメイクしたら、母性の濃い母親っぽくなるのだな。
PS2 少年の父ちゃんがさほど嫌な奴として描かれていないのは
 ちょっと腑に落ちない。
PS3 『ビンビン銭湯が教えてくれたこと』という成人映画プリーズ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4469-7bc7b0bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad