ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『アンフェア the end』をトーホーシネマズスカラ座で観て、これは尻の映画ふじき★★

五つ星評価で【★★尻が見れれば全てよし】

映画前回の『アンフェア the answer』で、完結した筈だと思ってた。前回、お金を出して終わった気分を味わった事をチャラにされるというのは、それがアンフェアなんじゃないだろうか。

原作、ドラマ、未読未鑑賞。映画だけ前の2本を見てる。映画バリバリに覚えていない。普段の生活に何の関係もないからな。前回の映画鑑賞の記事を読むと、誰が裏切り者でも何ら問題がない、そういうドラマだと書いてある。それは今回も踏襲。だから、誰が裏切ろうと安定していて全く驚かない。裏切る事が想定の範囲内なのだ。「予想出来ない衝撃な結末が待っています」という言葉が安定路線というのは凄い皮肉である。

本当に「予想出来ない衝撃な結末が待っています」という風にするのなら、雪平夏見の父の死の真相は地球外から来た宇宙人にキャトルミューテーションされたくらいでないと成り立たないんだけど、まあ、それはできないし、寺山修二みたいに「最後に今までのこれは全て芝居だったのだ」とばらして幕を閉じる事も出来ない。

ある意味なんて過酷な出来レースなんだ。

という訳で、話的に見るものは特に何もないです。
寺島進のべらんめえな感じの昔刑事が気持ちいいくらい。
あっ、見なかったけど『マッドマックス怒りのデス・ロード(日本語吹替版)』のAKIRA氏も慇懃無礼で、とっても高そうなコートとスーツを着てる検事(その時点で出てきた途端に善玉っぽくない)で出てました。せっかくだからエグザイル魂見せて歌ったり踊ったりすれば、映画が台無しになって、それはそれで面白いな、と思ったんだけど、まあ、できないよね、そんなことも(多分、されても困るけど)。

という事で、この映画の見せ場は冒頭と末尾にある

篠原涼子のです。うん、いい尻だった。
あっ、篠原涼子は安定した美人でコートの裾翻るところなんかもかっこ良くて良かったです。映画自体を面白いとは思わないけど、篠原涼子がこれでこの作品に有終の美を飾れるなら記念碑としてはいいんじゃないかな。


【銭】
トーホーシネマズフリーパス5本目。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
アンフェア the end@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
アンフェア the end@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
アンフェア the end@ノルウェー暮らし・イン・原宿

PS 雪平役を遠藤憲一が演じる『アンフェア the 遠藤』ってどうだ。
 尻は抜きでいいから。
PS2 大使館のデザインが『HERO』のネウストリア公国に似てる。
 デザイン事務所へのバーター発注か?
PS3 ラストに『愛しさとせつなさと心強さと』がかかってほしかった気もする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4470-c74ab9f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad