ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『勝手にしやがれ!!英雄計画』『成金計画』をシネマヴェーラ渋谷で観て、中満足ふじき★★★,★★

特集上映「カンヌ凱旋 黒沢清レトロスペクティブ」の1プログラム。
変化球で来たよ。

◆『勝手にしやがれ!!英雄計画』
五つ星評価で【★★★黒谷友香と寺島進の組み合わせって……】

何でも屋の哀川翔と前田耕陽がマドンナの女の子とその事件に振り回されては、女の子を幸せにしながら自分達は浮きあがらない毎日を送るというシリーズ。

シリーズ最終作(6/6)。
客演に寺島進。うわ、寺島進が若者役だって。
その妹に黒谷友香。『イン・ザ・ヒーロー』の組み合わせじゃん。
シリーズ全体を締め括るというより、
シリーズから逸脱してやりたい事をやって終わらせた。
ユウジとコウサクというキャラクターが
どんな逸脱にも耐えうるキャラクターだったので、
ありえないような逸脱なのに自然に見れてしまっている。
ライトなプログラム・ピクチャーから後半、
徐々に黒沢清映画に転身していく様は何か違和感ありありなのだけど目が離せない。

この寺島進の綺麗事な主張がエロマンガ迫害とかに向けられている
「自分の目の届く所にある不快な物を排除する」という罷り通るエセ正論で、
こんなエセ正論に対する突き崩しをこんなプログラム・ピクチャーでやるなんて
とても気がふれている。蟷螂之斧っぽい。
言いたい事だけ言いたかったんだろう。
これはこれで大した力技なんだけど、
個人的にはライトなプログラム・ピクチャー路線の方が面白い。

あのハゲという感じで出てくる諏訪太郎。今作ではセリフのあるホームレス。


◆『勝手にしやがれ!!成金計画』
五つ星評価で【★★延々とコントみたいな】

シリーズ5作目(5/6)
マドンナにウィンクの鈴木早智子。
無表情で何を考えてるかさっぱり分からないキャラなのが、彼女にピッタリ。
とても演技っぽくない感じが新鮮と言えば新鮮。
ひょんな事から手元に入ってしまったヘロインを現金化できずに、
同じところをループしながら何回ももがくのが主筋。
なんつーか、途中で放棄してしまってる感が強い。
ハッピーエンドだかどうかすら判然としないまま何となく終わる。

そう言えば前田耕陽がたまに映画内で歌を歌うけど、
この人本来は歌手なんじゃなかったっけ? という感じの外れ方。

あのハゲという感じで出てくる諏訪太郎。
今作では冒頭ヘロイン奪い合いで銃撃戦をするギャング。


【銭】
シネマヴェーラの会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
勝手にしやがれ!!英雄計画@ぴあ映画生活
勝手にしやがれ!!成金計画@ぴあ映画生活
▼関連記事。
勝手にしやがれ!!強奪計画・黄金計画@死屍累々映画日記
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4481-649061d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad