ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ドレミファ娘の血は騒ぐ』『テレビ作品』をシネマヴェーラ渋谷で観て、いやこれは、と、やるやるやるふじき★★,★★★★

特集上映「カンヌ凱旋 黒沢清レトロスペクティブ」の1プログラム。

◆『ドレミファ娘の血は騒ぐ』
五つ星評価で【★★いい意味でも悪い意味でも素人とプロが混在】

多分三回目か四回目。
にっかつロマンポルノ作品として製作されたが、こんなもん訳が分からんという上層部判断によりオクラ。黒沢清が徐々に有名になる中、お宝として発掘されて大衆の目に触れることになったが、何度見てもにっかつ上層部の判断は正しかったとしか思えない。それくらいハチャメチャなのだが、意図してハチャメチャにしてるのではなく、若さゆえ何となくハチャメチャになってしまったのだろう。

だが、それにしても洞口依子の可憐さは圧倒的だし。
人生つまらなそうな伊丹十三の渋さも圧倒的だ。

にしても本当に学生が撮ったような感触の映画だ。


◆『テレビ作品』
五つ星評価で【★★★★うわー。黒沢テイストとエンタティーメントが上手い具合に領域を分かち合ってる傑作ぞろい】
こっち目当てで見に行った。
『廃校綺談』
 ちょっとずつ、ちょっとずつ、ずれていく日常。
 最後の氷が主人公の彼だとしたら、無性に怖い。
 それは理屈として全く理路整然としていないのだが、
 恐怖は理詰めになっている必要はない。
 というより理詰めに整合してない方が怖いだろう。
 あまりにも出鱈目だとダメだから匙加減には注意を有する。
 エレベーターのアレも怖い。 
 あのハゲという感じで出てくる
『木霊』
 そこにいる「何か」が目には見えるが、透視している記号として見える為、
 実態は不明なまま「いる」事だけがはっきりしているこの怖さ。
 脅威から一緒に逃げる少女が徐々に仲たがいしていくのもサスペンス。
『花子さん』
 花子さんの絵が怖すぎる。『叫』のプロトタイプだと思う。あれも怖かった。
『タイムスリップ』
 大杉漣を好きになる為の短編。
 これ見て好きにならないなら大杉漣を一生避けて通った方がいいだろう。


【銭】
シネマヴェーラの会員割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ドレミファ娘の血は騒ぐ@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4489-384ee765
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad