ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『猫侍』をシネマート新宿1で観て、ギリギリ嫌いではないけどうーん、ふじき★★

五つ星評価で【★★ゆるゆるだけど北村一輝の独白が好き】
  
元はTVドラマらしいが、そっちは未鑑賞。

「こんなのは映画ではない」と許せない人も多そうだが、
まあ、固い事言わないでもいいじゃん。
映画であっても、映画じゃなくても、それで誰が困るとかないよ。

ツボなのは北村一輝の独白が、強面なのにちょこちょこ乙女っぽい所。
匙加減具合がどうにもこうにも絶妙。
という事で、それはそれとして、話は全く大した話ではない。まあ、それはいいだろ。

北村一輝の人を斬れない描写は、もちっと大きな規模で公開された『ICHI』の大沢たかおの同じ描写より説得力があった。どうも『ICHI』のそれは全て脳内で考えた結果の披露みたいで、『猫侍』のそれは、理屈はともかくとしてそういう事ってありそうだよね、ってアバウトな書き方。アバウトと時代劇には親和性があるのだろう。

ガリガリの蓮佛美沙子が「売られてきた子」ってのは説得力がある。

私自身は猫はどうでもいいのだけど、
鑑賞当日レディース・デーでレディーが鈴なりだったので、
猫に威力はあるのだろう(何となく北村一輝よりは猫目当てだと思う)。



【銭】
レディース・デーだったけど、レディーじゃないので、シネマート会員の入場ポイント10回分を使って無料入場した。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
猫侍@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
猫侍@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
猫侍@とりあえず、コメントです
▼関連記事。
猫侍 南の島へ行く@死屍累々映画日記

PS 猫の代わりにカンニング竹山を抱いて殺陣をする
 「猫タクシー侍」だったら、お客は激怒したに違いない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4490-286aab35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad