ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『GONINサーガ』をトーホーシネマズ新宿6で観て、情念が映画を置いていっているふじき★★★

五つ星評価で【★★★石井隆は映画であるとか規格内に収まるとかいう事に関心がない】
石井隆本人による『GONIN』のファン・ムービー(!)。
物語は『GONIN』と繋がっている。
密接に絡みつくように繋がって
「サーガ」という言葉に違和感ない物に仕上がってる。
だからどうした。
それを今、作る理由は何だ。
答えづらい。きっとそこには理由がない。
同工異曲だろうが何だろうが、石井隆はこの「テイスト」の話を作りたかった。
そして、都合のいい事に前作の加工により、新しい話が作れることが分かった。
前作と紐づければ資金の獲得も少しは楽になるだろう。
みたいな裏があるんじゃないかと思う。

だからと言って、この『GONINサーガ』
くだらない駄作かと言うとそうではない。

物語がどうでもいい映画は褒めづらいのだが、この映画の目標が「素晴らしい話を書いて皆に感動してほしい」みたいな位置にはない。石井隆はただただ、自分が好きなテイストの映画が作りたいだけなのだ、きっと。そしてそのジャンルの中では石井隆の映画は無敵。

その世界では男はヤクザかログナシ、女は情婦かその予備軍、
冷たく重い雨は始終振り続け、その中で蠢く屑達が殺し合う。
勝つのは思いが強い屑。

話はダメだが、映画としては強い。

『GONIN』なので、ポスター・ビジュアルは五人の男女がピックアップされてるが、東出昌大、桐谷健太、土屋アンナ、柄本佑、安藤政信という組み合わせはミス・ディレクションだろう。「血縁」でくくるなら土屋アンナがはみ出す。代わりの要員はきっと井上晴美だが、ちょっとバランスを欠いてしまう。今回の事件の加害者括りにするなら、安藤政信を外して、代わりに根津甚八を入れれば正しくなるだろう。同じようにバランスは欠くが、こっちの方が正しい五人であると思う。

女優は土屋アンナが一番ぶってえビッチで驚いた。
ビッチな身体してるんだ、本当。
福島リラも怪演でいい感じ。ちょっと変な顔立ちが役にピッタリ。
井上晴美がビッチ母ちゃんになってて驚いた。

東出昌大、桐谷健太、安藤政信は割と従来の映画から遠く離れてない演技。
安定してるが熱くならない。
柄本佑はいい感じの「能面」な顔。
あと、竹中直人はわざわざオリジナル『GONIN』の一人を別の役で出すなよ、めんどくさいと思ったが、見てるうちにこれはこれでまあいいか、と思うに至った。


【銭】
トーホーシネマズフリーパス22本目。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
GONIN サーガ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
GONIN サーガ@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4499-cdd87eec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad