ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『真剣勝負』を神保町シアターで観て、ゲスイぞ武蔵ふじき★★★

特集「作曲家・小杉太一郎の仕事」から1プログラム。

五つ星評価で【★★★三國連太郎の魅力炸裂】
初見と思ったが多分、二回目。
内田吐夢の『宮本武蔵』五部作の後に作られた番外編。
二天一流中村錦之助の宮本武蔵に挑むのは鎖鎌の三國連太郎宍戸梅軒。
この梅軒が三國連太郎の怪演により、野性的に強い男に描かれてて良い。
こいつは窮地に陥れば人肉食うよみたいないつもの『ひかりごけ』感がある。
反して宮本武蔵・中村錦之助は何か高級官僚っぽくゲスい。
剣を「道」と言いながら、いざとなると勝つ為に卑怯も辞さない、
何か都合のいい道で、それを錦之助の甲高い声で捲し立てられると、
こいつと口で争ってもしょうがないという気にさせられる。
口調が丁寧な分、慇懃無礼な感じでいやらしいんだよね。
主人公宮本武蔵をそんな目で見てるのは私だけか。
どうも英語を喋る同じく甲高いブルース・リーの声にも通ずるゲスっぽさがある。

三國は風貌も立ち振舞いも野武士。
この野武士が策略を巡らしながら、
最後いいように武蔵にあしらわれてしまう際の感情の動揺ぶりが
あまりに激しくてリアリズムを通り越してマンガ的になってるのが異様。

最後のあの閉じ方もちょっとどう?と思う。人を食った演出である。

内田吐夢の遺作なのだそうだ。

小杉太一郎の曲は土俗的で土っぽい。
ちょっと伊福部昭っぽいと思ってたら、伊福部昭が師匠なのだそうだ。


【銭】
神保町シアター正規入場料金1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
真剣勝負@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4518-d5272d6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad