ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『劇場版MOZU』をトーホーシネマズ日本橋8で観て一見でわからんぞゲラゲラふじき★★

五つ星評価で【★★一見さんは分からんと思って見に行く事】

TBSとWOWWOWで放映していたドラマの劇場版。
一見さん完全無視の姿勢が個人的にはキツいのだけど、出来はいいらしい。
いや、一見さんなんで全く筋が分からんかった。
『魔法少女まどかマギカ』みたいな丁寧な商売は流行らんだろうけど、
もうちょっと丁寧な一見さん誘導はできんもんなんかな。
WOWWOW契約して見ろやって事なんだろうけど。
そんなんせんだろ普通。

予告とか絵の作りが物凄く上手くて、
叫ぶ登場人物たちに乗せられて「一見さんにはキツい」という事前情報を
あえて無視して見に行ったが、そーね、何で叫んでるかもよく分からなかった。

最初に起こるビル占拠と大使館爆発。
これである少女の誘拐が目的らしいのだが、
最後までこの少女が何の役に立つかが分からなかった。
日本犯罪史の闇と言われる「ダルマ」さん、
夢の絵がタケシより坊主にした香川照之に似てないか?
この「ダルマ」も凄いテロを画策してるらしい事は分かったが、
お目覚めになればとか言われて、眠ってるのか、少女との関係は何とか、
本当に分からない。ラスボスが眠ってて、起こす為のオメザが必要って
戦隊シリーズによくあるけどいいんか、その展開で?

西島秀俊はかっこいい。
最初、設定も何も説明してくれないから刑事だとは思わんかった。
まあ、かっこいいからいいだろう。

池松壮亮はWOWWOW見てないと分からない謎の存在らしく、
映画新キャラの松坂桃李君と拮抗してる。
松坂君はアクションの中での見栄の切り方が上手くていい。流石戦隊出身。

長谷川博已は第三勢力らしい面白キャラ。
こいつの「倉木」が「く~、LUCKY」にしか聞こえない。
随分、躁状態のキャラだなと誤解した(多少、躁状態ではある)。

小日向文世が出てきた途端に退場。
きっと凄いキレ者キャラなのだろうけど全くその片鱗も見えず。
通行人並の扱い(一見さん的には)。

伊勢谷友介も新キャラらしい。
こういう綺麗にえげつない感じの役者ってそんなにいないから適役でしょう。
でも、オーバーアクションがステキだけど、
この映画の中だけの話であまり頭が良さそうには見えない。

真木よう子は淡泊な役だなあと思って見ていて、
最後のレストランのシーンで胸が巨乳にしか見えない服を着てきて
一気にこの映画で一番語るべき存在になった。

そんな感じ。


【銭】
トーホーシネマズのメンバーズサービス週間を使って1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場版 MOZU@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
劇場版 MOZU@MOVIE BOYS
劇場版 MOZU@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
劇場版 MOZU@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記

PS 一見さんとか関係なく、
 単に頭が悪いから理解できなかったとしたらごめんなさい。
PS2 危機の回避方法が外部から突然やってくるってのが
 二か所あると流石に雑だなと思う。
PS3 エンドロールの映画前提映像見たら本気で面白そう。
 でね、特報チラシにこんな一文が載ってる。
 
 おさらいMOZU これを知っていれば劇場版だけでもOK!
  妻と娘の死の真相を追う公安警察官・倉木(西島秀俊)は、
  要人連続殺人事件の秘密を暴いた。
  しかしそれは、国家が抱える「巨大な闇」の、
  氷山の一角にすぎなかった…。

 うおおおおおおおおおおう、全然OKじゃねええええええええ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4534-0c025d1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad