ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『起終点駅 ターミナル』をトーホーシネマズ日本橋9で観て、女優がいいとしか思わんわあふじき★★

五つ星評価で【★★ぐっと来ない】

もういい年だから、こういう主人公が侘び寂び集めましたみたいな映画で
「はあああああ」とか声出して脱力してもいい筈なんだけど、
主演の佐藤浩市が肉体は白髪も増えて枯れ出しているのに
顔の作りが「何かあったら不撓不屈で頑張る」作りなので、
「佐藤浩市が老人のコスプレ」してるみたいで、
どこかその存在を嘘くさく感じてしまった。
佐藤浩市は佐藤浩市と言うだけで、弱そうに見えないのだが、
この役は贖罪の為に弱すぎて消えてなくなりそうなぐらいの人に合う役なんじゃないだろうか? 原作未読なので元々の主人公のニュアンスがどうであるかとかは分からないが、私には佐藤浩市の不器用で無骨な強さがあまり「そこに逃げ込んだ人」に見えないような気がした。

本田翼は身体に似あわず顔だけエロイ顔しよるなあ。
潤んだ瞳で発熱した少女とかが、何かたまらんのは私自身が病んでるからだろう。
しかし、いきなり高熱でフラフラしてるってのは展開にムリがある。
というか、よくありすぎる陳腐な展開で、コメディーすれすれだ。その展開の強引さが強すぎて中村獅童が割り込んで来てサスペンスに路線替えするかと勘繰ってしまった。
私はこの役を佐藤浩市の代用子供(息子の代わりとなる娘)として捉えたので、その佇まいは本田翼自身であれば良くて、演技力とかそんなにいらないと思っていたのだが、本来は佐藤浩市と本田翼との間に淡い恋心が生じる役らしい。それはミスキャストでしょう。どう見ても「淫行」っぽいもん。


【銭】
トーホーシネマズデーなので1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
起終点駅 ターミナル@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
起終点駅 ターミナル@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
起終点駅 ターミナル@MOVIE BOYS

PS 本田翼が子供なんで尾野真千子が大人だったな。
 「いい意味で化粧が濃い」なんて思わんよ、普通。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4536-24d39bcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad