ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ギャラクシー街道』を新宿ピカデリー6で観て、三谷さん次頑張ってねふじき★★

五つ星評価で【★★困ったね】
積極的につまらないと言うよりは、
いつまで経っても面白くならないなあと思ってたら終わっていたという感じ。

チラシの裏側に各登場人物の紹介があって、そこに「スペース国土交通省の役人」「スペース客引き」「スペースコールガール」とか書いてある。要はこのセンスで笑わなければいけないのだけど、これそれだけで成立するのが難しい。これを成立させるためには「何でもスペース付ければええもんちやうで」みたいなツッコミがいるのだ。

映画の中の話も他愛もないどうでもいい話が続くが、大きく笑えない。
やっぱりこれはボケはあってもツッコミがないからではないだろうか。
題材的にボケるのは簡単なのだ。宇宙人って何でもありに出来るから。
ただそれを現世代の人類が笑えるようにするには現世代の解釈をする人間が必要だ。
そういうの出して下品な笑いにすればよかったのに。いいじゃん笑いなんて下品で。
あ、あとTVの『奥様は魔女』みたいなテイストだから、
舞台みたいな感じで笑い声を足せば面白かったかもしれない。
失敗すると大火傷だけど。

でも、綾瀬はるかは可愛かった。
三谷が言ってたようにハンバーガーを食べるシーンの可愛さは絶品
(そう思って見たからかもしれないけど)。

その逆目を担う優香の獣のような汚い食べ方も支持する。

大竹しのぶの演技が上手すぎて大竹しのぶがトラブルの中心にいると
同情してしまって笑えない。

西田敏行のデジタル変換したような声が聞き取りづらい。

後は役者もどうでもいいかな。


【銭】
新宿ピカデリーの前回有料入場割引を使って1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ギャラクシー街道@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ギャラクシー街道@映画的・絵画的・音楽的
ギャラクシー街道@yukarinの映画鑑賞ぷらす日記
ギャラクシー街道@お楽しみはココからだ
ギャラクシー街道@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

PS クマネズミさんの所のコメントに陰謀論を書こう。
PS2 記事タイトルと「銭」欄修正。そうだった。そうだった。
 トーホーシネマズじゃなくってピカデリーで見たんだ。
 幾つか行ってるTB先にはトーホーシネマズで観たってなってるんだろうなあ。
 まあ、それで誰が困る訳でもなし。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4542-1603c0b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad