ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『シャークトパスVSプテラクーダ』をHTC渋谷3で、『オール・チアリーダーズ・ダイ』をHTC渋谷2で観て、ガーガーぐんぐんふじき★,★★★★

どちらも未体験ゾーンの映画たち2015の作品。
感想書かない間にほぼ1年経ってもた。記憶を搾り出してみよう。

◆『シャークトパスVSプテラクーダ』
五つ星評価で【★ちんたら】
なーんか話がちんたらしてた。流石ロジャー・コーマン系。

サメ×タコの怪物「シャークトパス(シャーク+オクトパス)」と
翼竜×魚の怪物「プテラクーダ(プテラノドン+バラクーダ)」が戦う。

鮫蛸のデザインは良い。
やっぱ見た事のない形のでかい動物って脳髄にビンビン来る。

バトルシーンがほとんどなく、
バトルしたと思ったら意識がぶんぶん飛ぶ感じで睡眠の中に落ちてしまい、
はっと目を醒ましたら終わってた。
もーちょっと人間側のドラマ面白くするか、人間パート削れないっすかね。
プテラクーダって噛ませ犬と言おうか、
あまりこれ一体では映画にならんだろうと言おうか。
うーん、そんな感じだったと思う(にも関わらずバトルで寝てもたから、もう)。


◆『オール・チアリーダーズ・ダイ』
五つ星評価で【★★★★なんか無駄に好き】
「チアリーダーが出る映画」という一点だけで見に行ったので、内容を全く知らなかった。前年のでっかくなるみたいな奴かと思ったらゾンビ系だった。でっかくなる方が健康的で「チアリーダー」という素材には向いてる気もするが、映画に描かれるチアリーダーは常に生身のドロドロした状態だから、まあ、どうでもいいのかもしれない。

で、話の展開が割と見えなくて好き。
最初、チアリーダー内部で諍いが起き、その内部抗争で血で血を洗う争いになるとか、単純にリベンジ物になるのかと思ったので(そういうミスリードもあったと思う)、対象となる女子全員いきなりあんな目に会って驚いた。そこから見つかる真の敵、、、は別に意外性はないけど、憎々しくてよし。

小ネタで『転校生』展開があったり、
正に「バカは死んでも治らない」で
ゾンビなのに激烈バカ女が割と自分の好みだったりでゲラゲラ。
ダメ出しするレビューも読んだので、これは自分に向いてたんだろうなあ。

PS 『オール・チアリーダーズ・ゲイ』だったら憎悪対象。


【銭】
最初の1本目(鮫蛸)はテアトルの会員割引で1300円。
2本目は未体験ゾーンの映画たちリピーター割引で1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
シャークトパス VS プテラクーダ@ぴあ映画生活
オール・チアリーダーズ・ダイ@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
シャークトパス VS プテラクーダ@銀幕大帝
シャークトパス VS プテラクーダ@5385
オール・チアリーダーズ・ダイ@銀幕大帝
オール・チアリーダーズ・ダイ@いやいやえん
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4549-d66207e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad