ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『愛を語れば変態ですか』を新宿ピカデリー5で観て、面白いのだけど映画としてとても原石くさいなふじき★★★★

五つ星評価で【★★★★物凄く面白いのだけど舞台を見ているみたい】
チラシ曰く「演劇界の鬼才 福原允則、映画監督デビュー作」である。
なるほど演劇っぽい。舞台は明日オープンで開店準備を進めるカレー屋の店内。基本、この店内の閉じた空間から外には出ない。アングルはあっちから撮ったりこっちから撮ったりいろいろ変わるが、映像として斬新なカットは特にない。
でも、会話や状況やキャストの芝居が面白いので、全く飽きずに見てられる。
見終わった後「舞台みたいだったなあ」と思うのは誰も否定できないだろう。
それくらい、映画的だったり映像的だったりな武器が使われていない。
つまり、そういう物に頼らなくとも、仮に舞台中継をそのままやったとしても面白い物は出来る。傲慢にそう言ってるようである。まあ、間違えではないだろうけど、何か映画ずっと見てる身にはそういうのは寂しく感じる。
「こうすれば映画だろう」って感じで気負って映画っぽく作るくらいしてくれた方が新人として可愛いのだけど、今の人は「可愛い」とか思われるのはプライドが許さないのかもしれない。

ファム・ファタール黒川芽以の色んな表情がとってもいいけど、服がそんなにエロくないのは残念だ。

色々な理屈やビジョンを持ってるもっとも文明的な男なのに、最後には必ず他人に押しきられてしまう旦那役に野間口徹。演技もいいけど、美男じゃないのが最適。この役は美男だったり、可愛かったらダメな役。

旦那の後輩にWエンジンのチャン川合。抜群の誰からも見下される男感!

ヤクザと兼業している不動産屋に永島敏行。もっとも野獣。ガタイでかくて、年取って太ってあくどい感じになって良いなあ。

楽観的なストーカーに翔原楽人。旦那とは別にこの子は美男とか可愛いとかキラキラしてないとダメ。適役。

話に火を付けて大きくしていくバイト役にキングオブコメディの今野浩喜。迷惑でふてぶてしく実がなさそうな、いつもの役。この人お笑いのネタを見た事がないなあ。チャン川合もそうだけど。


【銭】
ピカデリーの前回有料入場割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
愛を語れば変態ですか@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4554-46373d18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad