ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『春子超常現象研究所』をシネ・リーブル池袋2で観て、これはあの人系だなふじき★★

五つ星評価で【★★ポップで適当】
この適当加減が好きな人は好きかもしれない。
私はそうでもない。
でも、予算が凄くお低いらしいのに、
そうは見えない明るくポップな絵作りはゴージャスでお得な感じで、評価できる。

徹頭徹尾ネジがゆるんだような話で、
擬人化したテレビと女の子の恋愛妄想ドラマって
「なんや恋愛できれば対象は何でもいいんかいな」的な話で、
にしても、それならそれで、そういうオチに持って行かんの?

舞台挨拶が付いてて、脚本・監督の竹葉リサが登壇した。美人じゃん。
で、フラ(おもろ気)もあって、舞台全体がフワっとして、おもろくなる。
この空気感はあの人に似てる。
河崎実。映画よりも舞台挨拶が面白い男。
個人的な見解なんだけど、映画監督は一時の園子温みたいに、
通常のコミュニケーションが全く取れないのに凄い映画作るからチャラになる、
みたいなタイプの方が大成すると思う。もう、全ての感情が映画に注ぎ込まれる。
河崎実や竹橋リサは面白く人生を凄していそうで(予想)、
映画に注ぎ込まれる情熱がちょっと薄げに見えなくもない。

テレビのヅラを被った中村蒼がマヌケだけどイケメン。
と言うか、テレビのヅラなんて、マヌケな物を被っていても
まだ「イケメン」の成立に支障を来たしてないのが凄い。

迎え撃つのが野崎萌絵香。
こういう涙袋が大きい美人は好きなタイプ。

ジェイソンおいしい。


【銭】
テアトルの会員+曜日割引で1000円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
春子超常現象研究所@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4555-03b821ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad