ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『レインツリーの国』をトーホーシネマズ新宿6で『びったれ!!!』を角川シネマ新宿1で観て、森カンナ両方出てるじゃんふじき★★★,★★★

同日に観た森カンナで2本。

◆『レインツリーの国』
五つ星評価で【★★★西内まりや、かーいーやん】
西内まりやのかーいらしさにノックアウトされるしかない映画。
なんやなんやあんな西内まりやの尻を触る役とかいいよなー。
ああいう役オーディション開いてくれるならガッツリ触りに行くのに。
触られた西内まりやの「びくん」な感じもいい。
あんなしっかり「びくん」されたら、そら更に次のステップに進みたなりますよ。
で、その西内まりや、髪型を変えて人生の過ごし方を再スタートさせる時の
ショートカットが群を抜いてメチャクチャ可愛いんだけど、プラス、
全体どのシーンどのカットでも美脚なのがそそる。
なんなんや西内まりや、この誘惑上手め!
(バリバリ、ストーカー目線やな、俺)

対するジャニーズの玉森裕太の演技は特に気にならなかった。
着慣れないスーツがちょっと不格好かと思ったが、あれは演出意図な気がする。
こいつがLINEアカウントのアイコンに自分の顔写真を使っている。
それって自意識過剰的に見えてちょっとやな奴じゃないかと思った。
その玉森裕太側で手ぐすね引いて待つ感ありありの肉体派誘惑娘役が森カンナ。
良くも悪くも本来の森カンナってこういうチャキチャキした感じの個性なんだろう。
(※実は森カンナって私パトレイバー首都決戦の灰原零しか知らないです)

映画の宣伝として特報と予告の二つの時期があり、
最近ではチラシもそれぞれの時期で別々に作られているようなのだが、
劇場予告、チラシとも、特報では西内まりやの秘密が隠されていて、
通常予告の時期では、その秘密が明かされて宣伝に使われている。
当初、秘密を隠したまま、映画を見てビックリしてもらおう
という意図があったのだろうが、秘密を隠したままだと
どこにでもあるラブストーリーとして宣伝で強く打てない
という問題が発生したようだ。この辺の匙加減は難しい。
私は謎を知って見に行ったが、
確かに謎を知らないで見に行った方が、
映画に対する「見終わったあ」という感慨はもっと深く残ったに違いない。
この映画は「肉体的な障害」を扱っているが、
それは二人のデートを乗り越える障壁としてしか扱っていない。
なので、障害の箇所は手とか足とか目とか口とか代替可能であると思う。
まあ、でも本当ならそういうのって代替可能とか思えちゃきっといかんのだろうね。

宣伝の話に戻って「原作:有川浩」だけでは売りにならんかったのかなあ。
いや、「原作:有川浩」自体があまり売り文句に出されてなかったみたいだけど。


◆『びったれ!!!』
五つ星評価で【★★★そこそこいいプログラム・ピクチャーやん】
あまりにも宣材のチラシとかポスターの図案がイケてなくて目に付いた。
悪い意味で、昔のスーパーのチラシ的と言おうか、「198円!」っぽいと言おうか。
プレ『ミナミの帝王』映画としてはそこそこ健闘してたと思う。
ただ『ミナミの帝王』ほど、主人公の立ち位置を明確にしてない事と、
主人公側の反撃手法がちょっと雑だったりするのがまだまだ感を感じさせる。

主人公の田中圭は元ヤクザの司法書士かつ子持ちのシングル・ファーザー。
田中圭って、交通事故で顔面ケガしたりするとた易く遠藤憲一化しそうな顔立ち。
実に華のない普通な顔が、こういうドラマではいい感じにリアル感出してる。
その、田中圭が法律を逆手に取る悪の弁護士に対して、
法律で武装して舌戦を繰り広げるのだが、
「元ヤクザ」というステイタスを活かす為に
そんなに必要のないアクションシーン入れて問題を解決させちゃうのが良くない。

子役が実にプロ子役してたなあ。

森カンナは田中圭のアシスタント。こっちもチャキチャキした役だったなあ。

後、最後に殴りあいになる細長いヤクザの人が割と堂に入ったヤクザ演技で怖くてよかった。名前がよう分からん。多分、日向丈という人だと思う。


【銭】
『レインツリーの国』:映画の日に見たので1000円。
『びったれ!!!』::映画の日に見たので1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
レインツリーの国@ぴあ映画生活
劇場版 びったれ!!!@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
レインツリーの国@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
レインツリーの国@カノンな日々
劇場版 びったれ!!!@カノンな日々

PS 同じ森カンナが出てる事で世界観を共にするのなら、
 西内まりやはヤクザに騙されて風呂に沈むくらいやってもOKの筈だ。
 ああああああああああああ、いいなあ。西内まりやのいる風呂に行きたいなあ。
 風呂にいるお姉さんなのに、
 尻触られて「びくん」となったりする西内まりやとか見たい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4558-15710584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad