ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『劇場霊』を新宿ピカデリー10で観て、中田監督の所にいい脚本が届かないならもうホラーは取らない方がいいぜよふじき★★(ネタバレ)

五つ星評価で【★★「中田秀夫監督最新作」という宣伝文句が中田監督を消費している】
ネタバレを含みます
自分で脚本を書かない中田監督の作品の良し悪しは脚本に左右される。
『女優霊』『リング』は成功例。『クロユリ団地』『劇場霊』は失敗例。

『劇場霊』というタイトルに偽りがある。
『女優霊』を宣伝の引き合いに出したので、
対にする関係上『××霊』にしたかったのだろうが「××」が正確でない。
ウルトラマンや仮面ライダーみたいに過去の栄光を宣伝材料にするのはやめようよ。

確かに霊は劇場にしか出ないが、タイトルを対にするなら『人形霊』である。
呪いの本体が人形である事はもう映画のド頭から明確にされる。
でも何でそんなに深く人形に「怨」が籠ったかは曖昧だ。
例えば古い日本人形なら理由はなくても「怨」が籠る底地があるのでそれでいいが、
等身大の洋式球体間接人形には、「怨が籠りそう」というバックボーンが薄い。
設定でちゃんとサポートすべきである。
又、呪いの結果が白蝋化である事も理由が分からない。
あとホラーキャラクターの退陣の仕方も雑。

この人形の造形上の出来がかなり良い。
だが、動きが怖くない。人形だから重くないのだが、ちゃんと歩かせたいらしく、
人間を模した歩き方をする。どこか人形浄瑠璃に似ている。
どうせ超自然的存在なのだから、すーと滑らせればいいのに。その方が絶対怖い。

ドベタ扱いされてる島崎遥香はちゃんと演技してる。別に下手ではない。


【銭】
前回有料入場割引で1300円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
劇場霊@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
劇場霊@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
劇場霊@だらだら無気力ブログ

PS 対にするなら『男優霊』か。何か怖くないな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4560-5f915d1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad