ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『田沼旅館の奇跡』を池袋シネマロサ2(地下)で観て、このライトな感じはきらいじゃないふじき★★★

五つ星評価で【★★★チラシの夏菜が可愛く撮れてたから見に行った】
ライトだなあ。でも、単純に楽しめる。
ただ格式が緩い映画なので激賞するとちょっと恥ずかしくなってしまう。

夏菜ちゃんは可愛いけど、とっても可愛いだけの役。まあええがな。

「第一回~第七回のキング・オブ・コント王者全員出演」というのが売りで、みなさん小器用に芝居が出来るので、お笑いの人と言うより、知名度の低い小劇場の人みたいだ。

話はリアリティが低く「こんな事あったら面白くね?」的なノリの、いわばコントの大掛かりな奴みたい。まあ、まとまってていいと思う。これ、本気で異能の人が異能の役者を使ってガッツリ演出したら凄く面白くなるかも。

旅館の女将さん役にエンクミ。何かエンクミらしさが薄れて普通に美人の女優になってしまったなあ。「エンクミらしさ」には「未熟である事」も含まれるから、いつまでもエンクミのままではいられなかったのかもしれないけど。

話の上でかなりマジにいらないのが「バイきんぐ」で、出色の気持ち悪さで暴れるのがロバート秋山。このロバート秋山の「嫌さ」ってまだまだ色々使えると思う。


【銭】
げんなま1500円(上映時間66分と短めなのでちょっとダンピング)。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
田沼旅館の奇跡@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4569-ee6c5d67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad