ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『台所太平記』を神保町シアターで観て、森繁はあれかな?ふじき★★

特集「森繁久彌の文芸映画大全」から1プログラム。

五つ星評価で【★★エピソード一つ一つは他愛もないので女優を知ってれば楽しい】
森繁久彌・淡島千景夫婦の所に入れ変わり勤める女中の評判記。
戦後、夫婦の二人暮らしで女中さんを三人も雇うなんてどんな生活だろう、
と思ったら森繁久彌は谷崎潤一郎の役らしい(名義は別だが私小説でしょ)。
文豪ですかあ。金持ちのイメージはあるけど、そんなに奥が忙しいイメージがない。
まあ、でも、今と違って電化製品のない昔は家事は一仕事だったから、
女中を雇うくらいは当たり前なのかもしれない。
しかし、顔は知らないけど、森繁は谷崎潤一郎らしくないなあ。
スケベではあるのだけど、森繁ってストレートで明朗快活な女好きなのだ。
谷崎はどこかやっぱり普通じゃないイメージが強い。
ただ、あんまり陰湿な女好きにしちゃうと
東宝スコープで東宝邦画系にかけられなくなるから、
まあ、これはこの程度でいいのだろう。

不勉強なので、古い女優はあまり分からない。
分かるのは森光子、音羽信子、京塚昌子、中尾ミエと言ったところか。
森光子が若手だもんなあ。頭が「初々しい森光子」を必死に否定しようとしてる。
音羽信子はとんでもない役。テンカン持ちで寝ぼけて部屋の中で足あげて小便したりする。今の穏やかな老婦人からはほど遠い。こういう時代があったのね。
京塚昌子はシルエットが変わらん。ゴリラダンスとか踊るのはレア映像だろう。
中尾ミエが若い。今の映画に出るとバリバリの老人役だが流石にピッチピチだ。

森繁の映画なんてほとんど見てないのに、
森繁の演技ってどこかで見た気がする。
で、思いだした。小松方正みたいなのだ。
もちろん小松方正の方がガッツリ、スケベエなのだけど。


【銭】
神保町シアター正規入場料金1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
台所太平記@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4571-ed62162b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad