ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『ベテラン』をシネマート新宿1と2で観て、ともかくこんなおもろい映画は褒めん訳にはいかんふじき★★★★★

五つ星評価で【★★★★★単にメチャクチャ面白い】
何やってんだよ、みんな、これを見ろよ、と怒りたくなるくらい面白い。
大体、公開チェーンが小さいし、
純粋にガンガン飛ばす娯楽映画なのに
ミニシアター系統の劇場にかかってるのもこそばゆい。
いやいやいやいや、もう本当にこんなおもろい映画、
ただただ単純に多くの人に見てもらいたいのですよ。

という訳で筋書きは簡単。
極悪財閥ぼんぼんに知人をボコられた叩き上げの刑事が財閥相手に戦いを挑む。
財閥が金を使って、何でもやるし、丸め込もうとする手際が鮮やか、
一方の主人公の刑事も真面目一辺倒ではなく、いい感じに臨機応変、
もう本当ベストマッチの戦いです。

主人公の刑事に『新しき世界』のチョンチョンやったファン・ジョンミン。
ファン・ジョンミンって外れがない俳優なんだよね。
いい脚本、選んでるんじゃないかな。役者としての力量もあると思う。
今回のジョンミン、適度なバカが気持ちいいし、かーいらしい。
日本で言うと『トラック野郎』の菅原文太っぽい空気の役。
あんな役、誰だって好きになるよ。

直属上司に『国際市場で会いましょう』のオ・ダルス。顔、覚えてしまった。
主人公と同じ叩き上げの刑事で、そこそこ社会と上手く付き合ってる。
主人公ほど振り切れてないけど主人公に近い存在。
『トラック野郎』の愛川欽也みたいな。いや、もっと頼りになるけど。
ファン・ジョンミンとオ・ダルスともう一つ上の上司が三人で怒りあってる
あのおかしなシーンが、この映画の中で一番好きだな。

そしてクズのボンボン役にユ・アイン。
この人、初めて見るけど涼しい顔で気軽に狂ってくれて大層よろしいわ。
やっぱり敵がズバ抜けてないとアクション映画は面白くならない。

クズの№2に『生き残るための三つの取引』のユ・ヘジン。
イヤミに似てる。
この変な顔と、世慣れた経世手腕がいい。
いやらしいくらい上手い。いそう、こういう実務に長けた悪。

あと、しずちゃんだったりバービーだったりな位置づけなのに、
一番いいとこ浚うのかという、あのミス・ボンが中々だ。
いや、性的には全く興奮しないけど。

あー、あの被害者の奥さんも幸薄い感じが星野真里っぽくってよかったなあ。

一番好きな場面はオヤジ三人が怒ってるシーンだが、
次点はファン・ジョンミンの妻が文句を言いに警察まで乗り込んでくるシーン。
一応単なる一般人なのだけど、一番の武闘派のジョンミンより
明らかに階級が上そうな妻の剣幕に
警察内部が動揺でパニくる様が笑えてしょうがなかった。


【銭】
最初、新宿シネマート1でメンバーズデー(火曜)観賞で1100円。
再見、新宿シネマート2で新聞屋系の招待券もらってロハ鑑賞。
でかい小屋のシネマート1はもちろんだけど、
小さい小屋のシネマート2もかなり気持ちよく音量をガナらせてました。
おで、ここのギリギリのでかい音で崩れずに客まで届かせる音量調節が大好き。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
ベテラン@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
ベテラン@ここなつ映画レビュー
ベテラン@龍眼日記
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4583-472b44d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad