ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『劇場版ペルソナ3第三章』をシネ・リーブル池袋1で観て、またまた安定した駄作っぷりにわっはっはふじき★★

五つ星評価で【★★ゲーム原作アニメの底力を見せつけてやれ・・・れ・・・れ・・・こりゃ今回もまたまたひどいで?】

原作ゲーム未接触。

つまらないキャラがつまらない話を演じるのだから、つまらないのはしょうがないかもしれないけど、その上、前作までの粗筋もなくたいへん不親切。間隔あくから前の話なんて覚えてないわ。とにもかくにも盤石のつまらない感は揺るがないのだが、3本目ともなると、そこそこの共犯感覚が沸いてちょっと握手したくなるようなシーンも挟み込まれてくる。あ、内容のなさに反比例して絵と音は精度が上がってきてるからバトルシーンとかは割と楽しい。

主人公の結城は1作目で感情なしキャラ。対シャドウ戦で友達関係を構築していくが、2作目でシャドウ戦が終わると友達関係も消えると戦いをサボタージュ。3作目では消える友達関係なら最初から結ばなければいい、などと悩んでいる。
青い、青いわ。
つまり、幼稚園前の情操教育みたいなキャラなのだ。
その結城に友情を押し売りする転校生がやってくる。エヴァのカヲルくんかよ。そして、どうやらこいつもそんな感じのキャラに落ち着きそうなそぶりを見せながら次章に続いてしまうのである。この引きを次回、見る時、覚えてなさそうだなあ。

前回カサ増しした犬のペルソナ使い、子供のペルソナ使いはどっちかっていうと邪魔。割とみんな大したメンタリティを持ってないので、誰彼なくちょっとずつ邪魔なんだけど。大体もともとあの人数を揃えてる理由も特にないだろうし。彼らみんな他のアニメだったら群衆要員だ。しかも主人公なんて一番のモブ要員だ。

そんな中、山岸風花は好きなキャラ。押しが弱くて美脚で美声だからだろう。コンプレックス抜けないな、俺。
ロボットのアイギスが頓珍漢な中に真実握ってたりして面白い。これも普通じゃない変キャラだから際立ってる。

まるまる無駄なシーンである事は分かっているが風呂のシーンは楽しい。

亡くなられた田の中勇(鬼太郎父ちゃん)が今回もまだ当て声してます。
1本の出番が5分に満たないから、4本分、全部、撮りを済ませてたんだろうな。
そんな長期展望が聞く割には、話が甘いのはどうしたもんなのかな。


【銭】
テアトル系のシネリーブル水曜割引で1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
「PERSONA3 THE MOVIE」 #3 Falling Down@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
PERSONA3 THE MOVIE」 #3 Falling Down@だらだら無気力ブログ
PERSONA3 THE MOVIE」 #3 Falling Down@beatitude
▼関連記事。
PERSONA3の一つ目@死屍累々映画日記
PERSONA3の二つ目@死屍累々映画日記
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4590-654e20e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad