ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『喜劇 女の泣きどころ』を神保町シアターで観て、おんなおんなおんなああああな感じだふじき★★★★

特集「泣いて!笑って!どっこい生きる!映画監督瀬川昌治」から1プログラム。

五つ星評価で【★★★★太地喜和子のストリッパー三部作の三作目。これしか見てない】

太地喜和子の濃厚な化粧臭さを私は受け付けないのだけど、まあ本当に「おんな」を社会学的に標本としてしましたみたいな、何とも「おんな」その物の役だった。
私的に「おんな」ってどういう生き物かと言うと
 ① 女は惚れた男の為なら、全てを捨てる。
 ② 女は惚れた男に愛してもらいさえすれば天国。
   女の友情とかはどれほど破っても問題なし。
 ③ 女は終わった恋より次の恋。
こんな感じ。怖いよ。太地喜和子この映画の中で野性の「おんな」だよ。
その相棒がちゃんと社会性持ってる中川梨絵。こっちの方が好みだけど、
彼女は「おんな」になりきれなくて、
ヒモの湯原昌幸を太地喜和子に盗られたりする。

それでも二人は腐れ縁、一緒に生きていける相棒同紙と言映画の締め方が
何とも可愛らしい一本だった。


【銭】
神保町シアター正規入場料金1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
喜劇 女の泣きどころ@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4597-218b6cc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad