FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『彼は秘密の女友達』『アリスのままで』をギンレイホールで観て、オゾン変わらんしムーア怖すぎ★★★★,★★

◆『彼は秘密の女友達』
五つ星評価で【★★★★オゾンが何でこんな変な話を思い付けるのかが不思議】
オゾンと言うより、アルモドバルっぽい話だなと思って見ていたが、アルモドバルだったら「ともかくチャンチャン」で終わらせちゃう話を、ちゃんと真面目に着陸させる点で、ストーリーテーラーとしてオゾンは凄いし、誠実だと思う。
騒動の種になる男ロマン・デュリスに興味は湧かないが、秘密を打ち明けられ、それを公にも出来なくて煩悶するアナイス・ドゥムースティエちゃんがガツンとストライク。最初、地味目な顔立ちと思って観ていたが、常にSEXしているようなちょっといやらしい顔じゃないかと思ったらもうたまらない。何とも下品で申し訳ないけど、フランス映画は女優がキュートだと、もうたまらなくいいですわあ。


◆『アリスのままで』
五つ星評価で【★★あのラストでこの映画を好きになれとでもいうのか】
ラストについてはどん底の不幸という訳でもないと解釈できるかもしれない。
でも、普通にあんなラストはやだな。これに比べれば同じ主人公が記憶を失う『ペコロスの母に会いに行く』の方が100倍も幸せだ。いや、やっぱりわざわざ不幸な話を見に行くのは嫌だよ。マゾじゃないんだから。ジュリアン・ムーアは凄い。でも、その演技の凄くて辛い事を確認するための干渉はつらい。アレック・ボールドウィンが前週同じギンレイホールで『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』にも出演していた。いい感じで隙間に入ってくる役者になったなあ。


【銭】
ギンレイホール、会員証で入場。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
彼は秘密の女ともだち@ぴあ映画生活
アリスのままで@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
彼は秘密の女ともだち@映画的・絵画的・音楽的
アリスのままで@映画的・絵画的・音楽的
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4598-b4b9dc15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)