ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『俳優 亀岡拓次』をテアトル新宿で観て、安田顕に頼り過ぎじゃないかなふじき★★★

五つ星評価で【★★★もちろん、つまらなくはない。でも、山場で「どーん」と笑ったり「どーん」と泣いたりしたい。そういうのってオシャレじゃなくって下品とか言われちゃうけど、単に観客に近い所にある映画だと思うのだ】

安田顕を最初に俳優として意識したのはTVドラマ『ハケンの品格』
篠原涼子(主人公)の派遣会社側のマネージャー役。
涙目でオロオロする紳士なサラリーマンが凄く目を引いた。

あの涙目と、けっこう他がダメ出ししそうな役でもヒョイと演じてしまう事から
今では、脇役専門俳優・亀岡拓次よりはステータスの高い役者になってると思う。
チャーミングで無様なんですな。見ていて目を引く。
なので、安田顕の出てるシーンはどれもたいそう面白い。
安田顕の魅力全開。
逆に安田顕が嵌りすぎてて、映画が安田顕に依存してるように見えてならない。

そして、麻生久美子。もう、こんな麻生久美子好きに決まってる。
麻生久美子って手が届きそうなマドンナなんだよなあ。

あと三田佳子には驚きました。こんな役を演じる事が出来る人なのね。
いやー、知らなかった。

映画はエピソードが色々ありなんだけど、ずっと平坦で、
でも、安田顕の様様な可能性をドンと見せつける、
安田顕にとって名刺代わりになるいい映画を作ってもらって良かったなと思う。
ただ、山場がない映画は私自身はそんなに好まない。


【銭】
テアトル系で水曜鑑賞だったので1100円均一。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
俳優 亀岡拓次@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
俳優 亀岡拓次@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
俳優 亀岡拓次@映画的・絵画的・音楽的
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4613-de60bcb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad