ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『さらば あぶない刑事』をトーホーシネマズ新宿6で観て、感想書いたのにブログから消えちゃったよふじき★★

五つ星評価で【★★という訳で書きなおし記事なのだけど、このコンテンツで儲けたってのが凄い】
そういやTVドラマ一切見てない。映画は全部じゃないけどそこそこ見てる。

「こんな化石みたいなコンテンツ掘り出して馬鹿でねえの」みたいな呟きがツイッターで囁かれる中、見込30億円のヒットを弾き出してるってのは凄い。いったい、どこにそんな潜在需要があったのか。何故それに気づいたのか? 東映の役員室で山羊一匹生贄にして黒魔術で占いでもしたんじゃないだろうか?
偉いなと思うのは変える必要のない所を全く変えていない所。
そうそう、それがニーズなんだよ。
『踊る大捜査線』以降の作品でこんなに拳銃バカスカ撃ってるのはこれだけだろう。冒頭のムーディーな横浜の夜景も昭和チックで今っぽくなくて逆にいい。
舘ひろしと柴田恭兵の変わらなさ具合が凄い。
逆に浅野温子はむごたらしい扱いだ。
いい場面もあるけどプラマイでマイナスを払拭できない。
そういった意味で木の実ナナの変わらなさぶりは、ちょっと人間を越えてる。
でもまあ、木の実ナナって物心付いた頃から人間の尺度で測れない存在だしな。
仲村トオルの二の線と三の線の微妙な交差もグー。
仲村トオルってアジアで映画撮ると今回の吉川晃司みたいな役なのに。
吉川晃司はこういう役を安心して任せられるいい俳優になりました。
かといって悪役専業ではないんだよな。
あと、悪女じゃない菜々緒が精彩欠いてるけど、
舘ひろしとダンスの釣り合う女優なんて条件難しいから、
彼女はまあまあって線にしておいてあげたい。

個人的に、あの終わり方はない方だな、私は。


【銭】
映画ファン感謝デーで1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
さらば あぶない刑事@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
さらば あぶない刑事@映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
さらば あぶない刑事@シネマ親父の日々是妄言
▼関連記事。
前段@死屍累々映画日記

PS アクションシーンは全部CGって言っても海外だと通用するけど、
 日本だとゲーム画像みたいになっちゃうから、本当にやってんだな。
 凄いなっていう。
PS2 タカ&トシのタカとU字工事のU字で『新・あぶない刑事』はどうだ?
 いやいや、「U字工事」って純粋な団体名で「U字+工事」じゃないから。
PS3 ようやる事だが、総論の感想書き忘れた。
 悪い奴(吉川晃士と手下の坊主)が強くって
 普通に活劇としてそこそこ面白かったよ。ただちょっと尺が長いかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4615-b65a40bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad