ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『桜ノ雨』をシネマート新宿1で観て、今一入り込めずふじき★★

桜の雨

▲圧倒的な「桜」の前に「桜ノ雨」というより「桜ノ大雪山大雪崩 死傷者多数」みたいに思わなくもない。まあ、何だ。いくら大量でも桜の花びらで圧死とか難しいかもしれんが。

五つ星評価で【★★主人公のあり方に共感できない】
体内にたまった花粉が一定量を越えると花粉症として発症するように
自ら語る事が出来ない主人公が、たまった想いをついに決壊させるのだが、
そこまで待つのか、という風に待ちくたびれてしまった。

「あの時、言えば良かった」という誰しもが持つ部分を極大化させたキャラなので、
見ている人は彼女の気持ちが痛いほど分かる。
でも、だからこそ決壊させる場所がそこなのか、とも思ってしまう。

物語の最初から最後まで、主要な登場人物は変わらない。

主人公は自閉症気味で他人への語りかけがおそらく苦手なままだし。
金魚の彼女も糞の彼氏も紆余曲折はあっても
登場した時からメンタリティに変わりはない。
先輩も最初から最後まで先輩のままだ。

これは一つの試みが失敗に終わるが、実は成功でもあるという話なのだが、
その出来事に対して通過点ではあっても、人を変えるほどの出来事ではない、
と処理してしまうのは、とてもクールではないか。
青春だし、映画だし、もうちょっと盛っても良くないか?

一人だけ明らかに芝居のテイストが違って
ドラマから浮いてる田畑智子が抜群に面白いんだけど、
例えばラストシーン全身着ぐるみで現われて
「先生、実は火星人だったんだ。星に帰るけど君たちの事は忘れない」
と言っても違和感はない。んー、違和感なしじゃいかんやろ。

桜の雨でゲロゲーロ

▲ちょっとゲロゲーロな感じの田畑智子。カボチャが切れなくても好きよ。

同日に観た『血まみれスケバンチェーンソー』はそれはそれで
良くも悪くもとってもひどい映画なのだけど、
主人公が直球のバカで、「言い淀む」という事が一切なかった。
個人的には、ああいうド馬鹿な主人公を中心に据えた方が
話に弾みが付いてスカっとしていいと思う。
それで『桜ノ雨』が成立するかどうかは難しいかもしれんけど。


【銭】
火曜はシネマート・メンバーズデーで会員1100円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
桜ノ雨@ぴあ映画生活
▼この記事から次の記事に初期TBとコメントを付けさせて貰ってます。お世話様です。
桜ノ雨@ノラネコの呑んで観るシネマ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4618-c52cce6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad