ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『助け人走る3話』『助け人走る7話』をフィルムセンターで観て、助け人って奴はよおふじき

特集上映「映画監督 三隈研次」の1プログラム。

◆『助け人走る3話 裏表大泥棒』
五つ星評価で【★★★三隈らしい凝ったライティングのエロいカットが多数】
名宝の茶碗を巡って、罠にかけられた助け人が反攻に出る。
茶碗を盗む依頼が嘘で練られていたため善人側に被害者が出て、
それで反攻に出るのだが、ちゃんと下調べしないで仕事に掛かるのは甘い。
狙われる敵から助け人の本拠地もモロバレしてるし。

「助け人」は必殺シリーズの中で「仕掛人」同様やはり特異だと思う。
「助け人」は人情話が主体で、暗殺集団としてはプロっぽくない。
掟に対して厳密ではないし、頭領の考え一つで厳しい掟を曲げてしまうような
良く言えば「フレキシブル」、悪く言えば「緩い」面がある。
そして。どうも殺陣が田村高廣一人にお任せみたいなのもあって、
どうもあまりシリーズ作品としてはそんなに好きじゃないのだなあ。
山崎努のナレーターも何か微妙に薄気味悪くて、山村聰の人徳を打ち消してるし。

それにしても何て堂々とした濡れ場をかますんだろう。
今だったら自主規制でこんな濡れ場は放映不可だろう。


◆『助け人走る7話 営業大妨害』
五つ星評価で【★★岡場所の女郎殺し】
岡場所で自殺に見せかけて商売女を殺していく集団の
システマティックでスタイリッシュな手際に目が行く。
善行でも悪行でも、物事がスパスパ片付いていくのは気持ちがいいものだ。
しかし、この女郎を整理する事で本当に儲かるのだろうかというのには甚だ疑問が残る。ちょっとうろ覚えなんだが、江戸時代の江戸の男女比って9対1くらいで圧倒的に女が少なかったから、そんなにゴリゴリ整理したら野郎はみんなBL道に陥ってしまうんではないだろうか?(野郎同士をタブー視する風潮は明治になってかららしいので、それもそれで間違えてないらしい)


【銭】
フィルムセンター一般料金520円を支払って入場。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4619-d1714771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad