FC2ブログ

ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『女王蜂』を神保町シアターで観て、中井貴恵しょんべんくさいのうふじき★★

特集「横溝正史と謎解き映画の快楽Ⅱ 本格推理作家の世界」から1プログラム。

五つ星評価で【★★何かが足りない。多分、中井貴恵に足りない】

『女王蜂』はそこそこ名画座でかかるコンテンツで、名画座がまだ東京にそこそこの数を維持していた頃に何回か見に行っては「うーん」と納得できずに帰ってきた記憶がある。多分、ファーストランは見ずに、名画座で2、3回見てて、今回凄く時間を置いて久しぶりの鑑賞。

昔から気に食わなかったのが「寄木細工の密室」。
実際は寄木細工その物が密室の条件ではないのだけど、
そんな一般性のない部屋を持ってこられて密室って言われてもと
何か腹の底でふつふつと怒っていた。

昔見た時に、自分がとても子供だったので「青春」的な
「恋だ、愛だ」って文脈があまりピンと来なかった。
見直して、今でもピンとは来なかったのは、自分が大人になったのにというより、
案外、崑先生その辺、うまく描けてないんだな、という感じだ。
「恋だ、愛だ」そして「邪恋だ」というのが映画の核なのだけど、
この「邪恋」の対象になる二人の女優を崑先生がそんなに魅力的に描いていない。
崑先生は過去の金田一三部作の助演女優三人を魅力的に撮る事優先で
そこまで手が回らなかったのだ。
おーい、それは本末転倒だぞ。

なので、今回一番可愛く、セクシー、妖艶な部分さえ持つように描かれなければいけなかった中井貴恵は単に育ちの良いお嬢さんくらいにしか見えず、物語の中で「女王蜂」として君臨しなかった。ここがポイントとしてちゃんと抑えられないと、中井貴恵に毒牙を叩きこもうとする野獣の群れたる男たちが単にロリ趣味野郎にしか見えなくなってしまう。そらまずいよ。神山繁の宗教がかったロリ趣味親父とかバラエティ寸前だよ。その神山繁が中井貴恵を密室に誘い込み、気絶させて手籠めにしようとする。いやらしく中井貴恵の身体を舐め回すように映すカメラ。しかし、これが中井貴恵の身体が普通に子供っぽすぎて全然いやらしく映らないのである。チッ。もう、神山繁が名誉挽回するにはちゃんと彼女を全裸にしてSEXして(目指せ佐藤慶)、中井貴恵の性機能その物を検証するしかないというのに、そこで神山繁は殺されてしまう。なんて可哀想な神山繁。それにしても横溝正史世界の男たちって基本みんなセックスが好きだよなあ。そして繁殖率がウサギなみに高くて、20年くらい経ってから因縁話の元になる。入念に仕込まれた逆『オールド・ボーイ』みたいな話が多いんだよね。

中井貴恵は同時にタイアップした化粧品の宣伝で「綺麗なお姉さん」として、ちゃんと映っていたと記憶するが、映画では何か茫洋とした測りきれない感じだった。耐えられないほどではないけど普通に素人なので演技は下手だった。いろいろ大人の事情でいたしかたなかったらしいのだけど、明らかなミスキャストだったと思う。

あと、稀代の名優仲代達矢も仕上がりが悪かった。学生時代も同じ仲代さんが演じているんだけど、仲代さんって元から若さが見えづらい役者なので、凄く無理して学生服を着こんでいるように見えた。仲代達矢の代わりの若者を使うという選択肢はなかったのかもしれないが、それにしてもくたびれていた。くたびれていながら、博多華丸大吉の大吉先生にちょっと似てた。

金田一耕助の石坂浩二は前3作までが良くて、今回は何故か疲れた感じで陰気。
『なんでも鑑定団』みたいに発言がカットされてる訳でもないだろうに。
いや、発言をカットして作る金田一耕助物って超難関だ。
全部、等々力刑事が種を明かしていって金田一がイエス・ノーだけ言うのか?
そう言えば桂文枝は浮気相手とイエス・ノー枕を使ったのかなあ(どうでもいい)。

そしていつも違う旅館に違う名前で現われる仲居の坂口良子が可愛い。
まあ、手塚治虫マンガの常連役者みたいなもんだ。
そうでないとしたら、とても腕のいいスパイに違いない。

そしていつも金田一とは初めて会う体の同じ名前の等々力警部、加藤武も楽しい。
彼も、手塚治虫マンガの常連役者みたいなもんだ。
そうでないとしたら、金田一をつけ回す患者みたいになってしまってそれは悲しい。
この映画の加藤武のラストの「分かっているけどまあ細かい事はいいよ」
というニュアンスは等々力警部が単にお道化者じゃない事が伝わってきて嬉しい。
個人的には、ベクトルが違っていても一生懸命働く人に好感を持ちます。

アカイケイト・・・「犯人は誰だか分からないけど赤池イトだ!」


【銭】
神保町シアター正規入場料金1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
女王蜂〈1978年〉@ぴあ映画生活

PS 映画の中で時計台で殺された被害者の遺体が
 歯車に挟まれて分断されるシーンが出てくる。
 『女王蜂』の公開が1978年。
 『ルパン三世 カリオストロの城』の公開が1979年。
 ひそかに影響を受けているかもしれない。
 ちなみに同じく時計台内部が出てくる『コータローまかりとおる!』
 公開年は1984年。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4624-d0409cf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)