ふじき78の死屍累々映画日記・第二章

場末にひっそり咲く映画日記。第一章にあたる無印はライブドアブログ

『獄門島』を神保町シアターで観て、花鳥風月よのうふじき★★★

特集「横溝正史と謎解き映画の快楽Ⅱ 本格推理作家の世界」から1プログラム。

五つ星評価で【★★★もう何回となく見ているけど、この狂った美の祭典がステキ】
「何回となく」とは言ったものの4回目くらいだと思う。

探偵映画なのだけど、推理より花鳥風月的な死の意匠とか、
宛書みたいにキャラクターをはめ込まれた役者が面白くてたまらない。

いつも通り女優は安定して綺麗。
市川崑監督は「女好き」というより、
女を「美術品」のように綺麗に撮る監督だと思う。
そっちの方がイビツっちゃーイビツか。

しっかりした若者女子に大原麗子。綺麗すな。
気丈なのに、一瞬で壊れてしまいそうな儚さを好演。
若いようにも年を取ってるようにも見える。
凄く張りつめている感じなので、この時の大原麗子で
『鬼龍院華子の生涯』を撮るのもありかもしれない
(映画の方を見てないんであくまでイメージなんだけど)。
しかし、森進一の嫁さんだったんだよね、この人。
俺も乳首に手を這わせながら「ここが俺の襟裳岬だあー」とか叫びたいな。

しっかりした麗子の対極のしっかりしてない三人娘の長女役に浅野ゆう子。
壊れたテンションが気持ちいい。
「おかしい」と言われるからにはこれくらいじゃなくてはいけない。
W浅野の片翼温子は『さらばあぶない刑事』でおかしくなっていたが、
あれは触れないでおいてあげたい(「老いて」って漢字変換にビックリ)。

司葉子は普通にしっとりしてる。特にそれ以上、何も……

太地喜和子は色気が充満しすぎてて逆に不快みたいな役。
私個人はタイプじゃないから嫌な感じを受けこそすれ、
あの色気に全くちんちんともどもときめかないのだけど、
世の中には太地喜和子じゃなければダメなんだという人もいるのだろう。
ムチムチしてるから、密着して触られたりしたら気持ちいいかもと思わなくもない。
とは言えタイプじゃない。まだ「おかしい浅野ゆう子」の方がいい。
ゆう子と妹二人って現代の東京にタイムスリップしてキャバ嬢やったら
大成功するんじゃないだろうか? 
代わりに叶姉妹を呼びよせて太地喜和子の代役に据える。
叶姉妹に挟まれる若い頃のピーターってそんなに違和感ない。
ピーターは「女っぽい男」という線より、ショタっぽい撮られ方ですね。

そして、草笛光子まで出てる。この人の顔は鳥っぽくて怖い。

あと、ストーリーに直接絡んでこない役なのだけど坂口良子はいつも通り可愛い。

男の筆頭は佐分利信。いい声だなあ。

そして、水戸黄門の東野英治郎が獣のような本鬼頭家の当主を演じる。
鬼気迫ってええのう。そして、強い所も弱い所も演技で全部、見せつける。
東野英治郎は水戸黄門くらいしか見た記憶がないのだが、
私にとってはこれがベストアクトだな。

冒頭の復員兵、三谷昇もいかがわしくて実にいい。
この三谷昇が落とした人参を石坂浩二が拾ったものの返せないというシーンがある。
これは三谷昇の「穢れ」が石坂浩二に引き移ったと考えてもいいのではないか?
石坂浩二の金田一はそういう「穢れ(騙し)」が蔓延する事件を渡り歩いてきたのだ。
『犬神家の一族』ではある人物が他人を騙す為にすり替わるし、
『悪魔の手毬唄』でもある人物が他人の振りをしてひどい事を行なう。
だから、島にいる純朴な大原麗子は外の世界への関心を持ちながら
金田一と一緒に外界に出て行こうとはしない。
どこでも同じと言う金田一に対して、彼女は異論を唱える。
この物語では殺人が実行されるが、その全ての殺人は善意による物である(※)。
前の二作のように明らかな悪人がいない。
流刑地の成れの果てのような島で細々と生きる人々が
一番純粋に他者を思いやれるというパラドックスが切ない。
そもそも事故の発端は外界からやってきた草笛光子なのだ。

※:あっ、復員兵殺しがあった。あーと、えーと、まあ、あれはいいじゃん。

和尚さんの弟子の子坊主を演じてるのが確か池田秀一(赤い彗星のシャア)。
池田秀一は赤くならないが、和尚が被害者の血で赤くなるので、
ノーマル伝法より三倍速く「伝法の儀」を済ませる事が出来たに違いない。
流石、赤い彗星のシャア!


【銭】
神保町シアター正規入場料金1200円。

▼作品詳細などはこちらでいいかな
獄門島@ぴあ映画生活
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fjk78dead.blog.fc2.com/tb.php/4637-34375877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad